<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~ 受験生応援企画 ラストの1文で苦手な文法を1つ克服!

この記事をシェアする
ひとつひとつ、確実に!さあ、がんばれ!(Photo by Austin)
ひとつひとつ、確実に!さあ、がんばれ!(Photo by Austin)

Hello, it’s me agian. ずいぶん寒くなってきたね。こっちではもう雪が降っている州もあって、ハロウィンを前にちょっぴりクリスマス気分、なんて言っている親戚もいるぐらいだ。さて今回は、前回の続き。この前は洋楽の一部で「used to」を使った表現を紹介したけれど、このポイントが苦手だって人が多いと聞いて、いくつかフレーズを考えてみたんだ。簡単だよ、大丈夫。最後の1文を暗記 - それを達成でこの用法は完璧だ!



じゃあまずは、案外覚えてくれている人が多いであろう「used to + 動詞の原形」。この復習からいこう。意味は「以前は~したものだ」。こんな例文で覚えてみて。

I used to go fishing a lot with my family. 
(僕は以前、よく家族と釣りに行ったよ。)
<go ~ingで「~に行く」。これは中学生もしっかりと覚えてね。I want to go swimming.だと「泳ぎに行きたい」って意味になるよ。>
I used to wear jeans all the time.
(僕、以前はジーンズばっかりはいてたな。)
I used to eat out a lot.
(私、前は外食が多かったの。)
もちろん主語はHeでもYukariでもパターンは同じだよ。



じゃあ次のパターン。これが上と似ているからややこしいんだろうね。1つずつでも例文と意味を覚えて、実際に自分でも色々な文章を作ってみてほしい。「be動詞 + used to ~ing」だと、「慣れている」っていう意味になるんだ。

I’m used to cooking for myself.
(僕は自分で料理することに慣れているんだ。)
I’m getting used to driving my new car.
(僕は新車の運転に慣れつつあるところさ。) ← 進行形のパターンだね。
I’m used to using chopsticks.
(僕はお箸を使うのに慣れてるよ。)

さあ、じゃあラストスパートはこれ! 

I used to have a lot of cats, so I’m used to taking care of animals.
(僕は以前たくさん猫を飼っていたから、動物の世話には慣れっこなんだ。)

今日もお疲れ様! じゃあ冒頭に「I used to think I had the answers to everything.(昔は全てのことに対する答えを知ってると思ってた【出典:Britney Spears 『I’m Not A Girl, Not Yet A Woman 』】)って歌詞のある前回ご紹介した曲を聴いて、リラックスしてね。

動画:『YouTube』Britney Spears – I’m Not A Girl, Not Yet A Woman (Video Version Without Movie Footage)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Austin/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<「これが知りたかった!」英語表現> ~番外編~ 受験生応援企画 この曲で苦手な文法を1つ克服!
<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~リスニングが苦手な人に効果的な勉強法はコレ!
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手の気持ちに寄り添いたい~優しい言葉 in English
<「これが知りたかった!」英語表現> ファーストフード店で注文してみよう!
<「これが知りたかった!」英語表現> Hi from California! 今日から目指そう、英語の達人!