<元外資系CAその世界を語る>Vol.18 大好きなアノ方たちとの極秘2ショットは私の宝物

この記事をシェアする
大好きな長谷部さんと!
大好きな長谷部さんと!

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

このお仕事では様々なお客様との出会いがあります。5つ星エアラインに選ばれていることも幸いし、ビジネスクラスに乗務するようになると有名な方をお迎えすることが多々あり、同僚とはたびたび「聞いて! 昨日のフライトで~~さんに会えたの」と興奮しながら報告しあったものです。私個人は優香さん、池内博之さん、宍戸開さん、それから現・東京都知事の小池百合子さんのことをよく覚えています。優香さんはごくごく普通の女の子といった印象で、フライト中ずっとお休みされていましたが、とても可愛らしくて愛想の良い方でした。有名人というとお食事の注文や英語での会話はマネージャーさんを頼りにするものですが、池内さんは外国人クルーに対しても英語で積極的に話しかけていました。食事サービス中にちょうど気流が悪くなり、飛行機が揺れて男性CAが池内さんの白いシャツに赤ワインをこぼしてしまったのですが、怒ることなく笑顔で対応して下さっていました。「ナイスガイですね!」と大評判だったことを覚えています。



また、「ザック・ジャパン」であったその当時、有難い事に日本代表チームの合宿や練習試合が寮からそう遠くない所で行なわれていましたから、何度スタジアムに出向いた事かわかりません。大好きな長谷部誠さんに会いたくて、フライトをズル休みしてしまった事すらありました。ゴメンナサイ! しかも合宿となると長期滞在ですから、休みが続けば毎日会いに行きました。押し寄せる日本人ファンの数が全く違うのでガードもまるで緩く、ある程度のファンサービスはOK。当時の私は長谷部さん、ウッチーこと内田篤人さん、川島さん、それにザック監督しか知らなかったのですが、とりあえず色々な選手と写真を撮り、サインを頂きました。後で日本の友人に「これ誰?」と聞いては「ズルイ!」「えっ、誰だかも知らないで写真撮ったの?」と怒らせたものです。



夢中になって目で追ったのは、やはり大好きな長谷部さん、そしてウッチー、川島さん、槙野さん、そしてザック監督でした。ニコニコした可愛いおじいちゃんのように見える監督ですが、普段はジャージ姿でも試合では黒いトレンチコートの様なコートを羽織り、黒ぶちメガネをかけているのです。そのギャップに私は「萌え~」でした。川島さんはスタイル抜群!マッチョ好きな女性にはたまらない魅力がありますね。身長170cm超の私が余裕で見上げる程で、男性をあんなに見上げた事はここ数年一度もないです(涙)。仲間内では「なぜ独身?」と●イ説まで出てしまったのですが、ハーフの美人女性と結婚されましたね。

大好きな川島さんと!
大好きな川島さんと!

槙野さんは飄々としていて、歩き方もどことなくかる~い感じ(?)でした。実は彼が誰なのかが当時わからなかった私ですが、とりあえず写真をお願いしてみると「いいっすよ~!」と快諾してくれて、少しだけ会話もしました。最後に「頑張ってくださいね!」と言うと、「はぁーい!ありがとっす!」と返事してくれました。槙野さんは見かけ通り(笑)とても気さくで、今時の若い子たちに大人気なのも納得です。

そして大好きな長谷部さん。彼はテレビで見るよりもさらに、さらにキリっと整ったいい顔をしていました。体格もマッチョ過ぎず細すぎず程良い感じ。テレビでは気付かなかったのですが、さすが昔からアウトドアスポーツに徹してきた方です。顔にはシミ、そばかすがたくさんありました。でもこれはスポーツを長くやってきた人ならではの、輝く勲章のようなものですよね。

ウッチーはとにかく細くて驚きました! その細さで長時間スタミナ持つの?と心配になるくらい細かったのです。また生で見たその足は傷だらけ。転んで出来た擦り傷や、試合中に相手選手のスパイクが当たって出来たのであろう傷まで。とても痛々しいと思いました。

大好きなウッチーと!
大好きなウッチーと!

中東の休日はとにかくヒマです。仕事も山あり谷あり、渡航先も素敵なところばかりではありませんから3年間もいると「飽きてきたなぁ。いつ辞めようかな。日本に帰って美味しいものを食べたいなぁ…」という気持ちがぐんと増してきます。でも日本代表の人気選手たちと会話し、2ショットをバンバン撮ることができたこの運の良さ。「ああ、最高に幸せ。この仕事をしていてよかった~~!」と、その度に大感激でした。彼らのおかげで私の中東暮らしに大きな張り合いが出てきたのでした。



>>> Vol.19「若い女性だもの、恋はしていたい! パイロットとの恋愛は?まさかの不倫は?」に続きます >>>

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

<目 次>

Vol.1 子供の頃から“スチュワーデスのお姉さん”になりたかった私

Vol.2 こんな皆さんに読んで頂きたいです!

Vol.3 なぜ米国のエアラインを選ばず、中東のエアラインに狙いを定めたのか

Vol.4 地獄の訓練

Vol.5 初めての乗務 泣いて笑って

Vol.6 お客様も色々な方が…王族の乗務、そして男性客のセクハラ

Vol.7 クレームはやっぱり怖い

Vol.8 ロングフライト中のクルー交代制度

Vol.9 整容検査(グルーミングチェック)は厳しい 美容整形はOK?

Vol.10 CAは美の競い合いの世界 人気のコスメはやっぱり…

Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち

Vol.12 緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング

Vol.13 緊張感みなぎる空の仕事 ファーストエイド=救命救急

Vol.14 緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル

Vol.15 CAの仕事は危険と健康不安がつきもの

Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!

Vol.17 CAになるとイイ思いをすることも多いの? 航空券ほかの優遇制度

Vol.18 大好きなアノ方たちとの極秘2ショットは私の宝物

Vol.19 若い女性だもの恋はしていたい! パイロットとの恋愛は? まさかの不倫は?

Vol.20 若い女性だもの、恋はしていたい! ゼネコンや商社の男性たちとの合コンは?

Vol.21 素晴らしい社員寮! でもインターネット環境は…!?

Vol.22 イスラム教徒の国に暮らすことの真実

Vol.23 日本人CA同士の絆と結束 外出時に利用する交通機関、実は…。

Vol.24 クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

Vol.25 クルーの出身は世界各国 やがて見えてくるそれぞれの国民性と苛立ち

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続

Vol.27 お客様から学んだこと 日本人旅行客にみるオバチャンたちのたくましさ

Vol.28 UFOに遭遇するって本当? 見た場合はどう対処するの?

Vol.29 乱気流でわかる揺れやすい席 万が一の時に安全な席

Vol.30 飛行機に乗ること自体が「とても怖い」という方へ

Vol.31 世界の危険な国々

Vol.32 雇用は3年ごとに更新。最初の3年を満了しただけで退職した理由

Vol.33 家族に万が一のことがあった場合は!? 緊急時に帰国は許されるのか

Vol.34 中東の二強エアラインを簡単に比較

Vol.35 CA受験合格に王道なし 学歴は?留学は?スクールは?

Vol.36 CA受験合格に王道なし 留学、そして専門学校の必要性は?

Vol.37 実際の試験はどのように行われたのか

この記事をシェアする