『ハリポタ』シリーズの“ロン”ルパート・グリント、純資産額は推定約50億円 超有名人の苦悩告白

この記事をシェアする
『ハリポタ』ロンで大ブレークするも、「苦悩は大きかった」
『ハリポタ』ロンで大ブレークするも、「苦悩は大きかった」

映画『ハリー・ポッター』のロン・ウィーズリー役を経て、今もテレビや映画の世界で活動中の俳優ルパート・グリント(30)。そのルパートがこのほど有名人ならではの辛さを激白した。ちなみに共演したダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンと比べパッとしない印象もあるかもしれないが、ルパートの純資産額は推定約50億円。彼も同シリーズでかなりのギャラをゲット、莫大な資産を有していることは間違いない。



このほどルパート・グリントがメディアの取材に応じ、有名人としての日常をこのように説明した。

「いくつかの人格がある - そんな気分さ。」
「人扱いされていない気になることもある。だって一歩外に出ると、ワッと人が押し寄せて自分の写真を撮り始めるんだもの。」

「それが僕の人生さ」と達観した感もあるルパートだが、有名人になる前の生活についてはあまり記憶がないのだそう。「それにおかしな話、有名人であることに感動もしなくなる。そういう自分に順応しちゃうのさ」とも話している。



また子役からスタートした彼は、撮影現場で大人に囲まれる生活が長かったがゆえに大人びた部分もあったとのこと。学校にたまに通っても「他の子達との共通点はないな」という感覚だったといい、それゆえに撮影現場のほうがルパートにとっては居心地が良かったようだ。また彼は過去にも有名人であるがゆえに制限も多いとして「フツーにスーパーとかに買い出しに行ってみたい」などと言っていたが、ロンの役は非常に大切だったらしく、シリーズの終了時には「ものすごく悲しい気分」と語っていた。

参照:『Celebretainment』Rupert Grint says fame is ‘dehumanizing’

画像:『Facebook』Harry Potter

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ティナ・ターナー、腎移植前に自死を検討 「手を貸してくれる団体のメンバーにもなった」
女優ケイト・ハドソン「死人が見えるの、しかも顔の無い死人が…」 セレブ界最強の霊感か
<動画>絶好調ブルーノ・マーズ 意外な事実10選がこちら!
ジャスティン・ビーバー「音楽がなきゃ孫の代まで極貧」 今や新居に家賃毎月10万ドル
女優エマ・ワトソンってこんな人 好きになった共演者や意外な資格までを網羅!