キーラ・ナイトレイ、産後数時間でも美しい姿だったキャサリン妃を批判「“裂ける”苦しみを経た直後だったのに」

この記事をシェアする
シャーロット王女を産んでほどなくして退院したキャサリン妃。
シャーロット王女を産んでほどなくして退院したキャサリン妃。

英女優キーラ・ナイトレイは、英キャサリン妃が第2子となるシャーロット王女を産んだのと同じ2015年に出産を経験。ずいぶん苦しみ娘を産んだというが、一方のキャサリン妃は産後ほどなくして輝かしいばかりの美しい笑みを浮かべ、出産直後とは信じがたいまさにパーフェクトな姿で病院を後にした。



人気女優キーラ・ナイトレイがこのほど自身の産後とキャサリン妃の産後を回顧、『Feminists Don’t Wear Pink (and other lies)』なる本に、こう記していることが分かった。

キャサリン妃はあの日、産後7時間で病院から出て来たのよね。お化粧をして、ハイヒールをはいていたわ。まさに世界の人々が見たいと望む格好で姿を現したの。」



「隠すの。そう、痛みをね。(女性は出産でまさに)体が裂けるような思いをする。母乳もダダもれ。ホルモンだって大暴れする時期だわ。」

「でも美しく見せなきゃ。スタイリッシュに見せなきゃ。闘ったという痕跡は見せないようにしなきゃ。そうよね、キャサリン妃。命がけのバトルが済んで7時間後。あなたの身体の一部がパッカリと裂けて血で濡れてギャーギャー泣く赤ちゃんが誕生して7時間後だったのに。」

「見せない。語らない。ただ娘を抱っこして、多数の男性フォトグラファー達に写真を撮られたのよ。」

実際に、出産は命がけだ。出血、全身から冷や汗が噴き出すほどの痛みは想像を絶するものがある。しかし出産がすんでわずか数時間で、髪を整え、赤ちゃんを抱き、まるで検診帰りかのような普通の表情で病院から出て来たキャサリン妃。しかしこれも王室メンバーであるがゆえのこと。本当は妃も、ずいぶん辛かったに違いないのだ。しかしそれにキーラはずいぶん違和感を感じたもよう。「確かにそうだ」と思うお母様たちも、決して少なくなかったはずだ。

参照:『Page Six』Keira Knightley blasts Kate Middleton for looking perfect after giving birth

画像:『Instagram』kensingtonroyal

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キャサリン妃、14年愛用しているブーツで公務 庶民的な妃に国民から「ナイス」の声
女優リース・ウィザースプーン、キャサリン妃との対面を回顧 「招待に絶叫」
キャサリン妃の優しさが光るエピソード 白血病の少年を手紙で励ましたことも
英キャサリン妃 彼女が多くの人々に愛されるわけ
ダイアナ妃の衝撃事故死から21年~「英国のバラ」が多くの人々に愛された理由~