<洋楽マニア>マイケル・ジャクソンも多用したフェンダー・ローズ(Fender Rhodes)『She’s Out of My Life』

この記事をシェアする
2009/10/02公開YouTube『Michael Jackson-She's Out of My Life (Official Video)』
2009/10/02公開YouTube『Michael Jackson-She’s Out of My Life (Official Video)』

先に、グローヴァー・ワシントン・Jr.が見染め育てた10代のグループPieces of a Dreamについてご紹介しました。『Lovers』という驚くような美メロ・バラードで業界に旋風を巻き起こしたのですが、その曲の全編においてメロディラインを支えていたのがフェンダー社のフェンダー・ローズ(Fender Rhodes)です。この頃のバラード曲は、とにかくスピーカーのR⇔Lを行ったり来たりする美しいエレクトリック・ピアノ、フェンダー・ローズの伴奏がつきもの。本当に心地よいものでした。



“キング・オブ・ポップ”ことマイケル・ジャクソンもそれは同じです。『Smile』では美しいストリングスをフィーチャーしていますが、この曲に勝るとも劣らないとてもキュートな失恋ソングの『She’s Out of My Life』は、イントロこそストリングスですが、その先はエレクトリック・ピアノが効果的に使われています。

とっても繊細で優しい人間だったマイケル。バラードを聴くとそれがすごく理解できる気がします。ファンの期待を決して裏切ってはならない、コンサートをやるなら120%の力を発揮しなければ ― そんな大スターならではのプレッシャーと闘い続け、緊張状態が解けなくなり、徐々に薬物依存を深めていったようです。彼の持つカリスマ性、才能、そしてスター性は稀有のものでした。ビートルズやマイケル・ジャクソンを超えるスターはまた現れるのでしょうか。

動画:『YouTube』Michael Jackson – She’s Out of My Life (Official Video)

どうぞ次回もお楽しみに…。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ピーセス・オブ・ア・ドリーム『Lovers』
<洋楽マニア>イントロがカッコよすぎる曲たち
<洋楽マニア>バラードの魔術師その2 ピーボ・ブライソン 有名な曲がいくつも!
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ボビー・コールドウェル『What You Won’t Do for Love』
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ブライアン・カルバートソン ft. ハワード・ヒューイット『The Secret Garden』