<米>旅行中に空港駐車場を利用した家族に大ショック! 車内はアリに占領されていた

この記事をシェアする
3日間の駐車で車内はアリだらけに(画像はイメージです)
3日間の駐車で車内はアリだらけに(画像はイメージです)

ノースカロライナ州シャーロットにある「シャーロット・ダグラス国際空港」。その駐車場から驚きのニュースが飛び出した。グリーンズボロ市のあるファミリーは旅行のため同空港内の長期利用者向け駐車場に車を置いていたが、戻ると車内はもう至る所がアリだらけであったそうだ。



「旅行を終えて駐車場の車に戻ったところ、車内がとんでもないことになっていました」としてアリの被害をFacebookで訴えたのはキャロライン・テダー・ハッカーさん。現場は同空港の「長期利用者向け第2駐車場」のうち、ステーションZに近いフェンスのすぐそばだという。ミズーリ州セントルイスで行われた親戚の結婚式に出席した帰りであったというキャロラインさんは、地元紙『シャーロット・オブザーバー』の取材にこう語っている。

「3日間の旅行から戻ったら、車内はもうインテリアからエンジンまですべてアリで覆われていたのです。生後11か月になる私たちの赤ちゃんの上をアリたちが這いまわるし、グリーンズボロへの帰り道は散々でした。すべてのアリを駆除するには日数がかかるみたいです。」



フロントガラス近くの車のエンジンルームの角っこに、なんと「巣」まで作っていたアリたち。キャロラインさんの苦情には、その現場付近で働いている作業員たちが「少なくともここ3か月にわたりあの駐車場では同様のトラブルが発生していますよ」と教えてくれたそうだ。

そしてやっと事情を把握した空港側はキャロラインさんに謝罪。同メディアの取材には「ご家族の車がきれいになるよう掃除費用は負担すると提案しました。駐車料金も頂きません。これから利用される皆さんにも、もしも車内にアリを見つけた場合は速やかにスタッフに連絡してくれるよう呼び掛けていきます」と話している。実に小さいアリも群れを成せば人間たちを翻弄するモンスターと化すのであろう。同空港は、必要とあれば一旦駐車場を閉鎖したうえでアリ駆除の措置を行ないたいとしている。

この件については「2015年、10日間の旅行から戻ったら車内に何千匹ものアリがうじゃうじゃいました。奇妙かつ気持ち悪い光景でした」という同じような体験談も寄せられているが、『USA Today』はこの空港のアリ被害報告は2014年にさかのぼるはずだと報じている。



参照:『The Charlotte Observer』Family car parked at Charlotte Douglas was filled with ants. They want an explanation.

★インスタグラム始めました!

@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ミステリアスな毛深さ 見たこともない巨大な海洋生物の死骸がロシアの浜辺に
オハイオ州から仰天写真 車の中にできた巨大モンスズメバチの巣!
「ニシキヘビは便器の中にも…ほら、この通り」豪ケアンズのFB投稿写真が恐ろしい
人懐こいライオンが飛び乗ってくる! 仰天体験が可能なクリミアのサファリパーク
自然界の脅威またひとつ クモの巣が覆いかぶさる沿岸の町がギリシャに


この記事をシェアする