キャサリン妃、14年愛用しているブーツで公務 庶民的な妃に国民から「ナイス」の声

この記事をシェアする
長年愛用しているブーツ姿が話題の英キャサリン妃。
長年愛用しているブーツ姿が話題の英キャサリン妃。

今年第3子となる次男ルイ王子を出産し、“お母さんらしい表情”がさらに輝きを増した感のある英キャサリン妃。そのキャサリン妃(36)がこのほど公務をこなすべく写真のファッションで人々の前に現れた。落ち着いた色合いの秋らしいカジュアルな服装と、それによく似合うブーツに話題が集まっている。



夫ウィリアム王子の弟、つまりキャサリン妃の義弟にあたるヘンリー王子が妻に選んだメーガン妃は、元女優ということもあってか高級ブランドのファッションがたびたび話題に。一部メディアが「総額1億円程度の服をすでに所有しているのではないか」とも報じている一方で、「案外地味」と話題なのがキャサリン妃である。キャサリン妃は高級ブランドファッションにはこだわらず、いわゆる普通の家のお母さんが「ちょっと可愛い服ないかしら」と言って通うような店の服も全然平気。しかも気に入れば何度でも着るといった庶民的なところに、多くの英国民が親しみを感じているようだ。

優しい表情が美しいキャサリン妃。
優しい表情が美しいキャサリン妃。

そんなキャサリン妃が、このほどワイルドライフ・ガーデンを訪問。また「Sayers Croft Trust」なる団体の活動を視察して子ども達とも触れ合った。その際にキャサリン妃がはいていたブーツは、なんと購入からすでに14年も経過するものとのこと。20代前半の頃より愛用していたもので価格は7万円程度のものとみられ、手入れも良かったのか古びた感じもなく、とてもよく似合っている。



ちなみにキャサリン妃の人気が高い理由の一つは、妃とウィリアム王子に会ったことのある筆者の友人曰く「他の王室メンバーより普通で、自然体に見えるの」「英王室の人々は“雲の上の存在”っていう印象を覆したからじゃないかしらね」。時にはヤンチャな長男ジョージ王子を「こら!」と叱り、そしてスカスカ感の増した夫の頭をネタにジョークも飛ばすキャサリン妃は、それでも気品がありとても慎ましい。

参照:『Page Six』Kate Middleton steps out in 14-year-old boots

画像:『Instagram』kensingtonroyal

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キャサリン妃の優しさが光るエピソード 白血病の少年を手紙で励ましたことも
女優リース・ウィザースプーン、キャサリン妃との対面を回顧 「招待に絶叫」
故ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」
英キャサリン妃 彼女が多くの人々に愛されるわけ
メーガン妃の交友関係に異変 「誰を信用していいのか…」と深まる苦悩