ワキ毛を剃らない女優ベラ・ソーン(20) 進む過激化に気になる過去 

この記事をシェアする
ワキ毛を剃らないベラ・ソーン
ワキ毛を剃らないベラ・ソーン

米ディズニー・チャンネル『シェキラ!』、映画『フレネミーズ』で知られ、人気のパトリック・シュワルツェネッガーとの共演となる『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』での熱演も話題になっていた女優のベラ・ソーン(20)。バイセクシャルをカミングアウトし、過激なショットを多々インスタグラムに投稿するなど、アメリカの10代の少女たちにとっては超がつくインフルエンサーの一人といえる。



そんなベラは脇の下のムダ毛処理を行なっていないもよう。今年の夏もワキ毛がナチュラルなビキニ姿でファンを驚かせていたが、このほど自身の最新主演映画『I Still See You(原題)』の先行上映会でレッドカーペットに登場した際も、“QUEEN”の文字が描かれた白いタンクトップの両脇から真っ黒なワキ毛がお目見えしていた。そんなベラのインスタグラムを見る限り、「あまりにもパンクでエキセントリック、どんどん過激になっていてヤバイかも」という印象がある。

実は「私は14歳まで性的虐待を受けていた」「ディズニー・チャンネルだなんて…あそこはディズニーなんて呼べる場じゃなかった。イタズラされたのよ」などとSNSに書き込みし、物議を醸したことがあるベラ。彼女が『シェキラ!』に出演していたのは彼女が12歳頃からの3年間であり、関係者の間に激震が走ったことは言うまでもない。



性的虐待などの被害を受けた少女が、のちに破天荒でワイルドな自分を演出したり、反社会的な一面をアピールすることで自分の中の忌まわしい記憶をかき消そうとすることはままある。ベラは心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負っているはず、セラピーが必要という意見も多いが、本人はしっかりとその問題に向き合い、カウンセリングなどに取り組んできたのだろうか、気になるところである。



参照:『The Blast』Bella Thorne: Pit Hair, Don’t Care

画像:『Instagram』bellathorne

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
スゴイ眉毛の持ち主だったエマ・ワトソン ハロウィン・コスチューム写真で判明
ジェーン・フォンダ 母の本当の死因を知ったのは「雑誌の記事で・・・」
女優リース・ウィザースプーンの娘、まるで天使のような可愛らしさが話題に
グウィネス・パルトロウが14歳の娘と2ショット 化粧してすっかり大人っぽく…
英女優キーラ・ナイトレイ、意外に強気 カメラの前でも「F」ワード