メラニア夫人激震? トランプ大統領の元浮気相手が「息子の写真も見せてもらった」

この記事をシェアする
アメリカを偉大にする前に、醜聞をどうにかしないと…。
アメリカを偉大にする前に、醜聞をどうにかしないと…。

「まさかドナルド・トランプが大統領選に勝つわけがない」と多くの人に言われる中でなんと勝利し、自国を、そして世界を揺るがしうるアメリカ合衆国のトップの座に就いたトランプ氏。しかしそれに至るまでの彼の言動、そして今の振る舞いなどは多くの人々を驚かせ、落胆もさせてきた。ご存知のとおり、彼は特にも女性問題に関して大きく取り上げられることが多い。



さて、そんな中で現れたのが、過去に彼の浮気の相手をしたというポルノ業界に活躍の場を置くストーミー・ダニエルズ。「全部書いちゃった」と出版予定を告白していた暴露本『Full Disclosure』の中に、以下のような点を書き連ねていたことを米メディアが報じている。

■ トランプ氏に問うた本心
「こう聞いたの。『あなたは既婚者よね。私と一緒にいることを、奥さんはどう思うかしら?』って。
「彼はこう答えたの。『ああ、心配すんなって』『大したことはない、寝室も別なんだから』って。」

■ トランプ氏が見せた写真
「彼は私に見せてくれたわ。メラニア夫人がバロン君を抱っこしている写真よ。当時のバロン君は生後4か月で可愛かったわ。彼もすごく誇らしいんだな。私にもそう分かったの。」

メラニア夫人も、驚くやら呆れるやら…? 
メラニア夫人も、驚くやら呆れるやら…? 

■ トランプ氏との情事
「キスまで酷くヘタクソだったわ。」

そして実際に男女の関係になったというが、熱愛などに発展するわけもなく別々の道を進むことに。しかし大統領選を前に「秘密を暴露しない」という契約書にサインするようトランプ陣営の弁護士より要求があり、金銭の提供もあったとされている。



メラニア夫人についてはいつの間にかトランプ氏への愛が冷めたと噂されているが、まだ12歳のバロン君がこの一連の騒動でどれほど傷ついたことか。ストーミーにも娘がおり、「これは娘のために書いた」と語っていたが、娘が読んで「ママ、ありがとう」という内容になっているワケがない。なおストーミーは以前、アッケラカンとして「雑誌でトランプ氏の尻をぶっ叩いたこともある」と告白。テレビ取材に応じればギャラを貰えないはずもなく、こちらも全て納得済みで告白したとあれば“相当したたかな女性”に違いない。

参照:『usmagazine.com』Stormy Daniels Claims Donald Trump Showed Her Pic of Son Barron, Wife Melania Before They Had Sex

画像:『Instagram』realdonaldtrump

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
トランプ氏、大統領選出馬をインスパイアしたのはあの人気歌手へのライバル心?
<米>トランプ大統領オロオロ 小児病院訪問で「ぬりえ」に挑戦するも星条旗をきちんと描けず
「このラッパーの名を募集中!」意外にもお茶目なスヌープ・ドッグの爆笑インスタ!
人気セレブ達の「OH MY GOD」な赤っ恥経験 あの人は…つい失禁も
ドナルド・トランプ大統領の元浮気相手 「暴露本に、全部書いちゃう!」