<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~ 受験生応援企画 この曲で苦手な文法を1つ克服!

この記事をシェアする
みんな、頑張れ!(画像:YouTube Britney Spears『I’m Not A Girl, Not Yet A Woman (Video Version Without Movie Footage)』のサムネイル)
みんな、頑張れ!(画像:YouTube Britney Spears『I’m Not A Girl, Not Yet A Woman (Video Version Without Movie Footage)』のサムネイル) 

Hello, it’s me again. さあ秋もそろそろ本番。受験を控える皆さんは、苦手教科の克服に向け頑張っている頃じゃないかな。今日は『エトセトラ』スタッフに日本人が苦手な英文法につき聞いて、早速良い先生になりそうな曲を見つけてみたよ。日本でも人気のブリトニー・スピアーズの大ヒット曲から、今日は1点だけ勉強してみよう。



以前、英語の曲を聴くと耳が英語に慣れてくるよって話したのを覚えてくれているだろうか。スマホは絶好の英語学習のチャンスを与えてくれる。英語のニュースも検索できるし、初心者なら動画サイトで好きな洋楽の歌詞付き動画を見て、知らない単語はきちんと調べながらコツコツ勉強すればいいと思うんだ。しかも音楽を聴けば、ちょっとリラックス効果も期待できるはずだよね。 

気が重い勉強も、視点を変えてれば案外克服可能!(Photo/エトセトラ)
気が重い勉強も、視点を変えてれば案外克服可能!(Photo/エトセトラ)

そして今日は一歩進んで、少しだけ文法を覚えてみよう? 大丈夫。ブリトニー・スピアーズのヒット曲『I’m Not a Girl, Not Yet a Woman』の1文のさらに1部だけだから、リラックスリラックス。今日注目したいのは、ココ。

I used to think I had the answers to everything.

【出典:Britney Spears 『I’m Not A Girl, Not Yet A Woman 』】

冒頭の「used to + 動詞の原形」。これは「昔は~していたものだった」って意味。例えば「I used to see him all the time.(以前はいっつも彼に会ってたのにな。)」なんて風に、過去を回顧する表現なんだ。

≪例≫
■ I used to study English ten hours a day. (以前は1日に10時間は英語を勉強してたな。)
■ My aunt used to work there. (昔オバがそこで働いてたんだ。)



これと間違えがちなのが、「be動詞 + used to 名詞/動名詞」って形だね。これは「~に慣れている」っていう、似ているようでいて意味は全然違う表現なんだ。それと動詞ならingをつけた動名詞にするってポイントも、よくテストで狙われるから気を付けて。

≪例≫
■ I’m used to it.(そんなのには慣れっこさ。)
■ I’m used to driving my new car.(新車の運転にはもう慣れてるよ。)
⇒ この場合、drivingはdriveの動名詞だから、ここが要チェックポイントだと覚えておいてね。
■ I’m used to waking up early.(早起きには慣れてるよ。)
■ I’m not used to speaking in English.(英語で話すのには慣れていないんです。)

ちなみにこの曲の冒頭「I used to think I had the answers to everything.」は「昔は思っていたの。全てに対する答えを自分は知っているんだって」という意味だね。

この曲は2002年にリリースされたんだ。僕はまだ10歳だったけど、よく聴いたのを今も覚えているよ、姉がブリトニーの大ファンだからね。僕が好きなのはハードロック系だね。よく聴くのは「BAD WOLVES」ってバンドだ。エトセトラの洋楽コーナーにもあるから、ぜひ聴いてみてほしいな

動画:『YouTube』Britney Spears – I’m Not A Girl, Not Yet A Woman (Video Version Without Movie Footage)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Austin/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~リスニングが苦手な人に効果的な勉強法はコレ!
<「これが知りたかった!」英語表現> 空の旅に欠かせないチケット予約! リクエストに役立つ表現がこちら
<「これが知りたかった!」英語表現> ファーストフード店で注文してみよう!
<「これが知りたかった!」英語表現> レストランでのリクエスト表現 どんどんリクエストして大丈夫!
<「これが知りたかった!」英語表現> Hi from California! 今日から目指そう、英語の達人!