<露>墓参りの人々ただビックリ 「故人の宝物はスマホ」とiPhone型の大きなお墓

この記事をシェアする
故人が愛したiPhone型のお墓
故人が愛したiPhone型のお墓

娘の人生になくてはならないモノであったというiPhone。そんなにも故人が愛したのであれば、と父は思い切ってiPhone型のお墓を立てたそうだ。ロシアの墓園に常識を覆すようなお墓がお目見えして話題を呼んでいる。



露バシコルトスタン共和国のウファにある墓園に美しい玄武岩で立てられたそのお墓。それは2016年1月にわずか25歳という若さで他界したリタ・シャメエワさんのためのもので、施主は父ライス・シャミーヴ(Rais Shameev)さんだという。高さは実に152cmもあり、墓石の表面にはリタさんの在りし日の姿が、裏側にはアップル社のロゴが、そして墓石の土台部分にはQRコードまでが刻まれている。そんな凝りようではバイブ、着信音、アラーム、アラートなどという賑やかな装置まで付いているのかもしれない。

このお墓は、何も知らずに墓参りでここを訪れた人々をひたすら仰天させているもようだ。その一人、ニコライ・エフドキモフさんは地元メディアの取材に「このスマホ、アメリカのアップルのものでしょう? iPhone型の墓石なんてまず見たことないね」と不思議そうに語る。また付近の墓石屋はこの墓石には一切関わっていないことも判明。シベリアにはこういう墓石デザインの注文を受け付ける業者もあるというが、不明な点だらけだという。

肝心なのはこのお墓の下でリタさんが安らかに眠ってくれること。父なりの思いやりやアイデアを喜んでくれていれば何よりである。

参照および画像引用:『METRO』Woman, 25, has iPhone headstone erected at burial plot with her face as ‘screensaver’ (Picture: Ufa1/east2west news)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<英>重度の食物アレルギーを訴える客に「あなたに飛行機は無理。降りて」とチーフパーサー
女優リース・ウィザースプーン、キャサリン妃との対面を回顧 「招待に絶叫」
米マクドナルドが添加物フリー宣言 「いくつかのメニューは従来通り」日本は…!?
レディー・ガガの指に特大の婚約指輪!? ロンドン・プレミアで満面の笑み
<洋楽マニア>マライアがエミネムに変装も 『Obsessed』 by マライア・キャリー