マリリン・マンソンもブリトニーも「コレは勘弁!」 セレブが苦手なものTOP 5

この記事をシェアする
マリリン・マンソンにも怖いものが!
マリリン・マンソンにも怖いものが!

常にコワモテなセレブ、堂々としているセレブ、クールなセレブ、ニコヤカなセレブと、セレブ界と言えども様々な人達がいるのは当然のこと。また彼ら・彼女らにも「え?」と驚くような苦手なモノがあるのも、当たり前と言えば当たり前のことだ。そのうち意外なセレブの苦手なモノTOP5を『エトセトラ』が厳選し、ご紹介しようと思う。



1位: マリリン・マンソン(歌手)
~人と親しくなること~
メイクを落とすと普通のオジサンで、大親友ジョニー・デップの子どもの誕生日を「わ~い!」と一緒に祝ってあげる陽気な一面も確かにあるマリリン。しかしコワモテメイクをほどこしている時の彼は、人格も少々変わってしまうのであろうか。彼はかつて自分が怖いモノにつきこう「それは人間だな…」と哲学者のようにコメント。その理由をこう明かしている。

「俺にとって、人と親しくなることは怖い事だぜ。具体的に何が怖いかって? それは親しくなった末に捨てられることさ。」

案外繊細なマリリンである。

2位: ビリー・ボブ・ソーントン(俳優)
~アンティークなど~
ブラッド・ピットとの離婚を申請して世間を驚かせた女優アンジェリーナ・ジョリーの元夫のひとりが、大変個性的な実力派俳優ビリー・ボブだ。彼にはゾッとするモノがいくつもあるといい、鮮やかな色や飛行機、そしてアンティーク家具などに背筋が凍る思いがするのだという。また古いモノ全般に何かを感じるらしく、「1950年以前に製造された家具が置いてある古い宿、またそういうモノを飾っている家には何があろうが絶対に泊まらない」という。

3位:ブリトニー・スピアーズ(歌手)
~コモドオオトカゲ~
ブリトニー・スピアーズは、外見が少々エゲツナイと女性には評判のよろしくないコモドオオトカゲが怖くてたまらないと明かしている。これはその名の通り大型のものだと数十キログラムにもなるといい、人を殺してしまうこともあるのだとか。飼いならすことも不可能ではないそうだが、パッと見「小型の恐竜か」と思ってしまうようなこの生きものと「一緒に暮らしたい」「触れ合いたい」と思う女性はそう多くはないだろう。



4位: ジェニファー・アニストン(女優)
~飛行機~
新作映画ができあがるたび、公開予定の多くの国々に飛ばねばならぬジェニファー。これも俳優・女優の宿命で、仕事のオファーを受ける際に「プロモーションも含む」なる項目が契約に含まれていることが多いのだそうだ。しかし、確率は低いとはいえ空の旅で事故が起きれば多くの場合待っているのは“悲惨な結末”である。それゆえにジェニファーは今も飛行機の移動が大変怖いといい、これは女優のミーガン・フォックスも同じ。また故マイケル・ジャクソンも万が一のその恐怖に耐える生活を続けていたのは、有名な話である。

5位: キアヌ・リーブス(俳優)
~暗闇~
実は暗い場所が大嫌いだと言うキアヌ。これは子供時代にゴーストを見たことも関係があるのかもしれない。それはまだ彼が幼い頃のこと。ジャケットがフワ~っと浮いた状態で部屋に入ってきたというが体はなかったといい、キアヌはそれに仰天。しかもそれを見たのはキアヌだけではなく、一緒にいたナニーも目撃し愕然としていたという。これにつき当時は子どもだったゆえに「おお、クールじゃん」と思ったそうだが、浮かんだ状態のジャケットだけがそのままフワフワと浮遊し消えていく様は、今思い出すと恐ろしい光景に違いない。

画像:『Instagram』marilynmanson

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「ホントはスゴイ知性なんです」 超高いIQを誇るクエンティン・タランティーノ監督
セレーナ・ゴメスまたしても「しばらくSNSはお休み ― 自分の人生を生きたい」
ピート・デヴィッドソン アリアナとの婚約で「顔面をぶっ放す」との脅しも
キム・カーダシアンの娘 “マイケル・ジャクソン”風の姿でファッションショーへ
女優クロエ・グレース・モレッツが回顧 ベッカム長男とのほろ苦い恋