セレーナ・ゴメスまたしても「しばらくSNSはお休み ― 自分の人生を生きたい」

この記事をシェアする
「またしばらくソーシャルメディアは休憩します」とセレーナ。
「またしばらくソーシャルメディアは休憩します」とセレーナ。

ループスを患い、腎臓機能の著しい低下により一時は最悪な状況を覚悟せざるをえない状態だったというセレーナ・ゴメス。そんな彼女を助けたいと親友が腎臓のひとつを提供し、幸運にもマッチしたことから腎移植手術が行われ、セレーナの健康状態は今のところ悪くはないと言われている。しかし…。



過去に一時期ではあるがインスタグラムをやめ、写真のアップなどが必要な際にはアシスタントに全てを任せていたことを明かしているセレーナ・ゴメス。そのセレーナについては腎移植手術を経て体調も良さそうに見えるが、再開後のインスタグラムにこのほどこの写真をアップし、彼女はこう書き込んだ。

「ソーシャルメディアは休憩するわね。」

「ソーシャルメディアがあるおかげで私達の声を発信できる事には感謝しているの。でも、今この瞬間を生きられることにも感謝しているわ。」

「ちょっとの間、人の優しさや励ましだけに触れていたいの! 覚えておいて。ネガティブなコメントに傷つかない人なんていないのよ、当たり前のことだけれどね。」



それでもセレーナは「ストーリー」機能を利用し、スッピンで歌う姿も披露。そこには「私から皆さんへの歌よ! これほどみんなを愛してる! 私はどこにも行かないわ!! いつだって私はみんなのためにここにいるのよ」というメッセージも発信した。

しかし、少し気になるのはセレーナのこの肌の色であろうか。セレーナには、ストレスのなるべくかからない健康的な暮らしをこれからも続けていただけたらと願うばかりである。ご存知のとおり、「おそらくは私の元に戻ってくるだろう」と思っていたはずのジャスティン・ビーバーはモデルのヘイリー・ボールドウィンと婚約し、「結婚済み」という報道も複数サイトから浮上している。またジャスティンはヘイリーへの愛をインスタグラムに書き込み、濃厚なキスをかわす写真などもアップしファンを驚かせた。セレーナがこれに傷つかなかったわけもなく、心の傷も少々心配だ。

参照:『FEMALE FIRST』Selena Gomez taking another social media break

画像:『Instagram』selenagomez

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレーナ・ゴメス、人身売買撲滅運動に一役 元彼ジャスティンに共通する善意とは?
セレーナ・ゴメス、苦い恋を経て前向き「恋人を作る前にすべき事があるの」
「ジャスティン・ビーバーと結婚した」とヘイリーの伯父が発言 周囲からは否定の声も
<動画>ジャスティン・ビーバー、キャラ変更? NYの公園で衝撃の面白パフォーマンス
ピート・デヴィッドソン アリアナとの婚約で「顔面をぶっ放す」との脅しも