ロバート・レッドフォード82歳 「宣言せずに引退すればよかった」

この記事をシェアする
素晴らしい演技で映画界をけん引してきたロバート・レッドフォード。
素晴らしい演技で映画界をけん引してきたロバート・レッドフォード。

『明日に向って撃て!』『スティング』『愛と哀しみの果て』など様々な映画に出演し、映画界の第一線で活躍を続けてきたロバート・レッドフォード。しかし彼もすでに80代、先日ついに役者を引退すると発言 ― それに多くの映画ファンが驚き、悲しみ、メディアも大々的に取り上げたことから、本人も引退宣言を悔いていると現在の心境を述べた。



先日、映画界の重鎮ロバート・レッドフォード(82)が映画『The Old Man & the Gun(原題)』が役者としての最後の作品になるだろうと事実上の引退を宣言。これに衝撃を受けた人は多く、今後も彼の活躍に期待していた人達の驚きは大きかったようだ。

そんな中、このほどロバート本人が『Extra』の取材に応じ、現在の気持ちをこう語った。

「(引退の件を)語ったのは僕のミスだったと今は思っているんだ。」



しかし残念なことに今のところ役者業をやめる決意は覆しておらず、このように続けている。

「言う必要なんてなかったんだから。ただそっと去ることもできたのに。長いこと続けてきたキャリアだからね、自分ではとても誇りに思っているんだ。だけど引退は口にすべきではなかったね。」

だが朗報もあった。ロバートには映画界からの“完全なる撤退”の意志はないという。これからは、監督やプロデューサーといった立場でカメラの向こうから映画界を支えていきたいとして、すでに次に関わる作品も決まっているというのだ。映画界の全てを知る大ベテランとして、今後のロバートが素晴らしい作品を何作も手掛けていってくれることに大いに期待したい。また、スクリーンで彼を見られなくなるのは寂しい限りだが、彼が出た名作は永遠に映画史上に残るはずである。

参照:『Celebretainment』Robert Redford regrets announcing retirement

画像:『Facebook』All Is Lost

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレブ達も仰天のショービズ界の噂TOP 3 マイリー・サイラスは実は死んでいる? 
あの人は今 『ベスト・キッド』の“ダニエルさん”ラルフ・マッチオ、56歳に
キム・カーダシアンもヴィクトリア・ベッカムも オモシロ写真アップでファンサービス
シンディ・クロフォードの長女17歳に 美貌&美ボディに驚きの声とため息
俳優アレック・ボールドウィン、娘のセクシーショットに「イカン! 」