ダニエル・ラドクリフ 『ハリポタ』主演を回顧し「あの役をクールと感じたことはない」

この記事をシェアする
ダニエル・ラドクリフ、『ハリポタ』時代につき本音を告白。
ダニエル・ラドクリフ、『ハリポタ』時代につき本音を告白。

長年『ハリー・ポッター』シリーズで活躍し、人気を不動のものにした英俳優ダニエル・ラドクリフ(29)。同キャラクターがはまり役だったことで大ブレークを果たしはしたが、当時のダニエルはハリーを演じつつ、クールだと感じたことはただの一度もなかったそうだ。



多くの子役が演じたがったであろう、『ハリポタ』のメインキャラクター達。うち、ずばりハリー・ポッター役を演じたダニエルについては、クリス・コロンバス監督も会った瞬間に「この子だ!」とピンときたのだそう。「イギリスの無名に近い子役を」と望んでいた原作者の希望ともマッチしていたため、オーディションに呼ばれたダニエルは複数のスクリーンテストをパスして主役に抜擢された。

しかし当時まだ幼かったダニエルにとり、ハリーの役はあまりカッコいいとは思えなかったのだそう。『The Tonight Show』に出演したダニエルは、当時をこう振り返っている。

「ああいう年頃の子って、自分にあまり自信がないものだよね。だから、あの役を演じながら‟クールだな”なんて感じたことは一度もないんだ。でも色々な人にクールだと思ってもらえたみたいだし、それはすごく嬉しいね。」

ちなみに同シリーズがコンスタントにヒットしたこともあって、ダニエルも目玉が飛び出すほどのギャラをゲット。ついには100億円もたまったというが、暮らしはいたって地味でお金にもほとんど手を着けていない状態だとか。だが「それだけのお金があれば利息で暮らせるんです、うっしっし」とはならないダニエル。彼は「これだけの資産を手にした事で、大役や大作にこだわらず自分の意思で仕事を選ぶことができて嬉しい」と過去に語っていた。

そんな彼は、まさに演技一筋。「定期的に映画の撮影現場で働かなければ頭がヘンになっちゃうんじゃないかと思う」と語ったことがあるほか、「自分の死に場所として理想なのは撮影現場だね」とコメントしたこともある。

参照:『Celebretainment』Daniel Radcliffe ‘never felt cool’ as Harry Potter

画像:『Facebook』Harry Potter

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
スゴイ眉毛の持ち主だったエマ・ワトソン ハロウィン・コスチューム写真で判明
最低上司をリベンジで失脚へ 清々しい映画『ワーキング・ガール』(原題『Working Girl』)
おぉ……言葉を失うほどの胸毛 スーパーマン俳優ヘンリー・カヴィルは脱ぐとすごい
『スプラッシュ(Splash)』 ~人間と美しい人魚の運命の恋~トム・ハンクスの名演技に涙と拍手!
大ヒット映画の意味をファンが解釈 映画『タイタニック』の奇妙な噂2選