『SATC』シンシア・ニクソン無念 NY州知事予備選で現職のクオモ知事を倒せず!

この記事をシェアする
NY州知事予備選、民主党候補者選びでシンシア・ニクソン勝利ならず
NY州知事予備選、民主党候補者選びでシンシア・ニクソン勝利ならず

かねてからニューヨーク州知事になることを夢見ていた、人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ(以下SATC)』の弁護士“ミランダ”役で知られる女優シンシア・ニクソン。その州知事選を前に、現地の13日には民主党内で候補者を絞る予備選が行われた。そして現職であるアンドリュー・クオモ知事の勝利がほぼ確定したもよう。リベラル派として活動家の支持を得て来たシンシア・ニクソンだが、「力及ばず」といった速報が次々と伝えられている。



AP通信によると、州内の約30%の地区が開票を済ませたところでクオモ氏の得票率は66.5%、一方のニクソン氏のそれは33.5%であった。2倍の差があることからどのメディアもクオモ氏の勝利はほぼ間違いないと見ており、クオモ氏は11月の本選でも共和党候補のマーク・モリナロ氏に勝利し、州知事として3選を果たすであろうと添えている。

LGBTIコミュニティ、ワーキングマザー達、あるいはSATC時代からのファンの熱烈な支持を得ていたシンシア。生粋のニューヨーカーで人権活動家でもあり、クリーンな選挙キャンペーンや政治にこだわり、より公平で平等な暮らしの実現を目指したいとしていた。SATCで“キャリー”を演じたサラ・ジェシカ・パーカーは「必ずあなたに一票を投じるわ」と宣言し、“シャーロット”を演じたクリスティン・デイヴィスも「シンシアなら素晴らしい州知事としてきっと頑張ってくれる」と応援していた。



参照:『Just Jared』Andrew Cuomo Defeats Cynthia Nixon in Primary for N.Y. Governor

画像:『Instagram』cynthiaenixon

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
サラ・ジェシカ・パーカー宝石店に訴えられ逆提訴 「いつでも使って」に騙された…!?
ヒゲ美人歌手コンチータ・ ウルスト HIV陽性を公表後もポジティブに
インスタでウィル・スミスと本田圭佑の豪華共演が話題に! 共同チャリティーで
セレブ達が世間を騒がせたオモシロ発言集 大統領選目指すカニエは「俺、政治が大っ嫌い」
ジョニー・デップもキャメロン・ディアスも 高校をドロップアウトしても成功したセレブ達