食欲の秋だからこそ知りたい! セレブ御用達トレーナーらおススメのダイエット法

この記事をシェアする
妊娠するたび「デブ」「ブー」と叩かれたものの、今やこの通りのスリムビューティ―!
妊娠するたび「デブ」「ブー」と叩かれたものの、今やこの通りのスリムビューティ―!

キム・カーダシアン、ジャネット・ジャクソン、ジェシカ・シンプソンといった多くの大物セレブらは、妊娠中に太っても産後ダイエットに成功。妊娠前以上にスリムな体型になって我々ファンをおおいに驚かせてくれる。そんなセレブ達の減量をサポートしてきた多くのトレーナー達が、過去に‟ダイエットのコツ”として明かしたポイント。今日はそのいくつかを皆様にお伝えしたいと思う。食欲の秋、「百貫デブ」ならぬ「すっきりビューティー」を目指したい方に、ぜひ参考にしていただきたい。



■ 朝食は必ず食べよう!
ジェニファー・ロペスが見事なプロポーションを保つのにおおいに貢献している凄腕トレイナーいわく、朝食はとっても大事なのだそう。特に起床後30分以内に何かを食べる事が大事なのだそう。お腹がペコペコな状態では本能が「ヤバイ、このままでは飢える!」とピンチを察し、脂肪を溜めこもうするというのがトレーナーの言い分だ。同トレーナー曰く、起きたてに何かを胃に入れると眠っている間ファスティング状態だった体は「おお、エネルギーチャージ中!」と理解、さっそく脂肪燃焼の準備に入るのだという。また朝食に向いているのは、オートミールや卵の白身を軽く炒めたものだとか。

■ ワークアウトに好きな事を取り入れよう!
多くの人が「面倒だ」「しんどい」「腰にくる」と理由をつけてさぼりがちのワークアウト。さらに単調で退屈だから、とくれば「や~めた」となっても不思議ではない。そこに着眼したジャネット・ジャクソンのトレーナーは彼女の話をじっくりと聞き、ジャネットにとって苦にならないアクティビティをワークアウトの中にいくつも取り入れて減量をサポート。この方法はストレスも少なく、ジャネットには非常に向いていたのだろう。彼女は産後に32キロ近くを落とし、美ボディを取り戻した。

キム・カーダシアンのボディラインが素敵!
キム・カーダシアンのボディラインが素敵!

■ 「白い食品」を極力避ける!
パンの方がご飯よりも好きという人も増えているというが、よく朝食にいただくパンも一般的な白いものではなく、穀物を材料に用い作った茶色いパンを選ぶと良いらしい。ちなみにすっきりとした美ボディが魅力のキャメロン・ディアスはパスタ、パン、米といった白い食品は、映画撮影中などは意識して避けていたのだとか。その代わりに果物や野菜をたっぷり摂るよう心がけ、健康管理には十分に気をつけていたらしい。

■ 辛い香辛料を食事に加えてみる!
「ぎゃ!辛い!」と思わず怯んでしまいそうな香辛料も、慣れると案外おいしいもの。スーパーモデル達を担当するトレーナー達にも「ぜひ辛い香辛料を食事に加えてみて!」と推奨する人達がいるが、それは香辛料が代謝をアップさせ、発汗効果も期待できるからだそう。ちなみに和食で言うと、七味唐辛子や生姜、ワサビなどもなかなか美味。ピリリと辛いため自然に水分の摂取量が増えて過食防止に役立ちそう。だが胃への刺激を考えたら、やはり適量に徹したい。



■ 食べる野菜は慎重に選ぶ!
カリフラワーやブロッコリー、キャベツといった野菜も「生でバリバリ食べる」という人達がいるほど人気の野菜だが、これらによりお腹にガスがたまり、気を抜くとひと様の前で放屁するという最悪な事態も想定できる。さらに人によっては体が重く感じられることもあるそうだ。そこでお勧めなのはレタスなど水分をたっぷりと含む野菜だという。

■ 間食を禁じない!
ダイエット中は「間食厳禁!」といったイメージがあるが、これは厳守しなくても良いのだそう。もちろん間食にガッツリとステーキやフライドポテトを食べるのは言語道断だが、総カロリーが200キロカロリーに満たない程度の果物(リンゴなど)、クラッカーや少量のチーズなどを常に携帯し、「小腹が空いた」と感じた時点で口にすると良いのだという。数時間おきに健康的かつ低カロリーな何かを食すことで、ダイエット中のストレスはグンと軽減。リバウンドするリスクもかなり減るのだそうだ。

これらプロのアドバイスを見直すと、やはりストレスこそがダイエットの一番の敵と言えそうだ。今度こそと一念発起しダイエットを開始するも、ストレスがマックスになりダイエットを中断。続いて「これまで我慢していたものをアレも、コレも」と過食。これにより、リバウンドどころか「最高体重に達してしまった」という悲惨な経験がある方も多いはずだ。その繰り返しにより大切な健康を損なうようでは元も子もない。

また、健康状態に少しでも不安のある方は必ず病院で医師に相談し、アドバイスにそって減量を目指して頂きたいと思う。太り過ぎによる健康への害も心配だが、痩せる必要のない人のムリな減量も決しておススメできない。

画像:『Instagram』kimkardashian

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャレッド・レトが超イケメン でも役作りとあらば激太りも激ヤセも!
ジャネット・ジャクソン 産後32キロ近く落とし美ボディをゲット
シンディ・クロフォードの長女17歳に 美貌&美ボディに驚きの声とため息
まさに芸術! スーパーボディーのモデルたち ~ベラ・ハディッド編~
カーリー・クロス26歳「思春期を過ぎると仕事オファー激減」モデル界の生き残り合戦は壮絶