<セレブ★ビフォーアフター>徹底比較 フォトショップでどこまで変わる…!?

この記事をシェアする
加工なしでも十分綺麗!
加工なしでも十分綺麗!

今回の「セレブ★ビフォーアフター」は、これまで紹介されて話題になった「フォトショップ」あり/なしの画像について、両者の違いを徹底的に比べていきたいと思います! まず始めは現代版クレオパトラと呼ばれたこともある女優のアンジェリーナ・ジョリーからです。



美容整形でも当たり前になった、ヒアルロン酸を注入し唇をぽってりさせる施術。これによって生まれる色っぽさは格別です。そのブームが到来したのは、きっとアンジェリーナ・ジョリーの美貌への憧れがきっかけでしょう。何人もの男性をメロメロにさせ(過去にはバイセクシャルを公言していたので女性も)、現在43歳にしてすでに結婚歴は3回目。それもそのはず、彼女はフォトショップ加工なしでも十分に綺麗なのが分かります。セレブにおいては目のちょっとした角度や鼻の高さ、鼻筋の幅、ほうれい線など普通は細部までフォトショップ加工がなされると言われていますが、アンジーの場合はお肌しか修正されていない。これには本当に驚かされます!

若気の至りがなかなかイタイ…
若気の至りがなかなかイタイ…

いわゆる“若気の至り”というやつが伝説級のブリトニー・スピアーズ。ブリちゃんは、そのツケが今にして回ってきた印象が否めません。昔は連日のように朝までパーティー三昧で、異性関係、ドラッグ、深酒、そして、しまいには自分でバリカン片手に丸坊主ヘアにしてしまうといった奇行までパパラッチされてしまいました。ですが彼女は見事180度生まれ変わり、「Piece of Me」の世界ツアーを成功させ、日々のトレーニングに励み、インスタグラムには愛するこども達や彼氏との幸せそうな姿をアップして私たちファンを喜ばせてくれます。唯一ザンネンなのがこの汚肌と悪目立ちしてしまうシワの多さでしょうか。パーティー三昧やドラッグ漬けの日々は更生した後にも余韻を残す…怖い事実ですね。

ちゃんとシワがあって安心しました
ちゃんとシワがあって安心しました

続いては奇跡の60歳、マドンナです! 未だに歌とダンスは現役で、ポールダンスまで大得意な彼女は「本当に60歳なの?」と日々世界中のファンを驚かせます。露出の多い衣装も難なく着こなす姿は圧巻。30代の筆者ですらそれをやれば「若作りしてるイタいオバサン」と言われてしまうはずですから、マドンナがどれだけすごいか改めて実感します。ただしマドンナも加工なしでは目の下、口元にちゃんとシワがあるようで、これにはむしろ安心感を抱きました。それでも普通の60歳の女性に比べたら、やはり驚異の美貌として称賛するべきですね!

男のプライドが…
男のプライドが…

最後にご紹介するのは、見事に鍛えあげられた身体がかっこいいジャスティン・ビーバー! この肉体美に婚約者であるヘイリー・ボールドウィンもきっとメロメロでしょう。加工した箇所を探してみると、ふむふむ、胸板や腕がさらにガッチリめになってるぞ…。ん? お気付きでしょうか、男性にとっての大事な部分がかなりボリュームアップしていることを。加工後の写真を目にし、妙にサイズアップした部分に気付いたジャスティンは何と感想をもらしたのか、そちらも気になるところです。

雑誌の表紙から商業用のポスターまで、セレブの容姿について過度のフォトショップ加工があると「修正、加工のし過ぎだ」といった批判の声がすぐに上がるものです。また、中には「ここまでいじられるとは侮辱されたような気分」とセレブ本人が怒ってしまうケースもあります。どれくらいなら許容範囲で、どれくらいいじるとやり過ぎなのか、線引きはなかなか難しいようですね。



参照及び画像:『Bored Panda』10+ Celebrities Before And After Photoshop Who Set Unrealistic Beauty Standards

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<セレブ★ビフォーアフター>痩せすぎもほうれい線の原因か、アンジェリーナ・ジョリー
<セレブ★ビフォーアフター>「強すぎた憧れ」ゆえ唇をここまで膨らませた…!? カイリー・ジェンナー
マドンナ60歳に 変わらない超豪快な生き方が話題に! 
ジャネット・ジャクソン 産後32キロ近く落とし美ボディをゲット
セレーナ・ゴメス、人身売買撲滅運動に一役 元彼ジャスティンに共通する善意とは?