<中国>小学校で教師の運転するBMWが児童の列に突っ込む

この記事をシェアする
教師の車が児童の列に突っ込む
教師の車が児童の列に突っ込む

中国・河南省の濮陽市で、小学校教師の運転する車が児童らを誤って撥ねてしまうという事故が起きた。小さい子供たちがいつどこから飛び出してくるかわからない保育園、幼稚園、小学校、そしてその付近ではどのドライバーも細心の注意を払い、極めて低スピードで車を走らせることを心がけているはずだが…。



設置されていた防犯カメラが捉えていたその瞬間のショッキングな映像。体操着を着ていることから、体育館や校庭からの移動であろうか、数十名が列をなして歩いており、そこに教師の運転するBMW車が突っ込んでいる。

この事故で児童6名が負傷。1名は全身の数か所を骨折しているという。地元警察が教師の身柄を拘束して取り調べを行なっているが、前進・後進のギアを入れ間違えた可能性が高いという。

日本でも定番であるが、小学校低学年生がかぶる黄色の帽子は「交通安全帽子」とも呼ばれ、黄色はドライバーの注意喚起の色。なぜこのようなことが起きてしまったのか、教師の運転技術や注意力の欠如を責められるのはもちろんだが、教師としての資質を問われることも必至であろう。

参照および画像引用:『Shanghaiist』Teacher in BMW accidentally runs over students outside of school

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>中国の短気すぎる男、信号機をぶっ壊してドヤ顔
父親のヒザで赤ちゃんがハンドルを握り公道を走る動画 警察が動き出す<中国>
<中国>少年、上りエスカレーターから身を乗り出して上階の床に頭をはさまれる
<中国>母親はスマホに夢中 プールで1歳児が溺れ意識不明の重体に
狙われる「香港在住」の女性、見知らぬ中国人男性と結婚させられる詐欺が横行