サラ・ジェシカ・パーカー宝石店に訴えられ逆提訴 「いつでも使って」に騙された…!?

この記事をシェアする
サラは利用したのか、利用されたのか…
サラは利用したのか、利用されたのか…

『セックス・アンド・ザ・シティ』のキャリー・ブラッドショー役があまりにも有名な女優のサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker=53)。写真撮影のために貸し出された高級ジュエリーが返却されないとして、宝石店に訴えられたことを米芸能情報サイト『The Blast』が独占で報じた。



かれこれ2年半も商品が帰ってこないと激怒し、ついにサラ・ジェシカ・パーカーを提訴したのは高級宝石ブランドの「Kat Florence」。2016年3月に行われた写真撮影のために4万ドルのイヤリング、2万7千ドルおよび1万6千ドルの指輪、7千ドルのネックレス他の高級ジュエリーをサラ側に貸し出していた。

その時いくつかのジュエリーをとても気に入ったというサラ。彼女は「あと数か月間、個人的に借りることができますか」と店に尋ねてきたという。それを承諾したところ、結局2年が経過しても商品の返却がないためこのほど正式に訴えを起こし、損害賠償を含めた計15万ドルをサラ側に請求したいとしている。

この件についてサラの弁護士であるアイラ・シュレックさんは、「まったく逆。あちらの主張は完全に間違っています。ご存知のように、サラという人間はとても正直で信頼できる人。他人の物を横取りするようなことはしません」と同メディアに説明。全面対決の構えをみせた。

シュレック弁護士は、「Kat社側こそが“いつでもお好きなものをレッドカーペット他のイベントに身に着けて出席していただけるよう、そちらで保管しておいてください”と言ってきたのですよ。今の彼らは、ジュエリーの返却よりもサラからお金を奪い取ることに興味があるとしか思えない」と怒りをあらわに。すでに逆提訴に踏み切っており、Kat社には6.125ミリオンドル(日本円にして約6.82億円)の損害賠償を求めるもようだ。



参照:『The Blast』Sarah Jessica Parker Accused of Failing to Return $150k in Borrowed Jewelry

画像:『instagram』sarahjessicaparker

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジュエリーであなたもキャサリン妃、『タイタニック』ローズ、ジャスティンの気分! 超人気店「イミテーションゴールド」にインタビュー<前半>
ジュエリーであなたもキャサリン妃、『タイタニック』ローズ、ジャスティンの気分! 超人気店「イミテーションゴールド」にインタビュー<後半>
ブルース・ウィリス、元妻デミ・ムーアと再会 娘の30歳誕生日を共にお祝い
女優ニコール・キッドマンものすごい変貌 役作りでこんな外見に!
ジェニファー・ガーナーに女性達共感 破局した夫を支え育児もお見事!