<「これが知りたかった!」英語表現>飛行機に乗っての長旅 必ず役立つ表現を覚えよう!

この記事をシェアする
機内でリラックスしたいのに、前の人の座席がちょっと邪魔。そんな時どう言えば…? (Photo/エトセトラ)
機内でリラックスしたいのに、前の人の座席がちょっと邪魔。そんな時どう言えば…? (Photo/エトセトラ)

Hey, what’s up? 僕は最近引越しをしたてで、もうヘトヘト。今回は州をいくつもまたいでの移動で、ようやく落ち着いたってところだね。さて、みなさんの中にも特に夏休みの間に「憧れの国に旅行したわ」「遠隔地に飛行機で行ったの」なんて経験をした人は多いんじゃないかな? 



そんな時、前の乗客が座席をかなり倒しているがために「リラックスして食事できない」「狭くて困ったな」なんて思ったことはないかな? そんな時に使える表現をいくつか紹介したいと思う。自分が座席を倒していて後部座席の人に「ちょっと座席を上げてもらえますか?」って言われるときも想定して、表現の仕方を覚えてみてね。

≪例≫
パターン1
Austin: Excuse me, would you mind putting your seat up? 
     すみません。座席を上げていただけますか?
Brian: Oh, I’m so sorry. I’ll move my seat up right away.
      ああ、すみません。すぐに座席を上げますね。
Austin: Thank you. I appreciate it.
     ありがとうございます。感謝します。
Brian: No problem.
     どういたしまして。

「リラックスしようにも、前の席が…」(Photo/エトセトラ)
「リラックスしようにも、前の席が…」(Photo/エトセトラ)

パターン2
Austin: Can you please move your seat up a bit? 
     少しだけ座席を戻していただけませんか? 
Brian: Oh, yeah. Sorry about that. I’ll move it up right now.
     ああ、すみません。すぐに座席をあげますね。
Austin: Thank you.
      ありがとう。
Brian: You’re welcome.
     どういたしまして。



じゃあ逆に、自分が座席を倒したい場合は…? 
≪例≫
Austin: Would you mind if I laid back a little?
     少しだけ横になってもいいですか? 
Brian: Go ahead.
     どうぞ。
Austin: Thanks a lot.
     ありがとうざいます。
Brian: You’re welcome. Just give me a few seconds to move my stuff.
     どういたしまして。ちょっとだけお時間くださいね。荷物を移動させますから。

≪お役立ち表現≫
■ Can you please move your seat up a bit? 

a bita littleも同じだね。こうお願いして座席を元の位置に戻してもらったら、必ず「Thank you.」とお礼を言おう。あとリクエストをする時、いきなり「Please move ~」は相手にちょっと威圧感を与えてしまうかも。「~してくれませんか?」という丁寧な表現は、「Can you please + 動詞?」が覚えやすいね。今回は「Would you mind」で始まる丁寧な表現も2つ紹介したけれど、まずは「Can you please ~?」っていう表現から覚えてみよう。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Austin/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<「これが知りたかった!」英語表現> 「どこで食べようか?」-提案表現や返事はコレが便利! 
<「これが知りたかった!」英語表現> 「どこで食べようか?」-提案表現や返事はコレが便利! 
<「これが知りたかった!」英語表現> レストランでのリクエスト表現 どんどんリクエストして大丈夫!
<「これが知りたかった!」英語表現> 友達と食事へ! レストランでは店員とのやり取りも…
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手の気持ちに寄り添いたい~優しい言葉 in English