<南ア>野生動物保護区の居住地域で母キリンが急襲 女性と3歳息子が重体

この記事をシェアする
南アフリカの保護区でキリンが親子を襲う
南アフリカの保護区でキリンが親子を襲う

南アフリカ共和国で現地の9月3日夕方、野生動物保護区に住居を構えていた研究者の家族が子連れであったキリンに襲われ、瀕死の重傷を負うという事故が起きた。自然界をダイナミックに生きる野生動物たちがすぐそばに居る ― このことに親子は決して油断していなかった。まさに不測、不慮の事故であったという。



ヨハネスブルグに近いリンポポ州の動物保護区に位置するブライド・ワイルドライフ・エステートに暮らしていた一家が恐ろしい悲劇に見舞われた。動物学の分野で博士課程を取得していたイギリス人研究者のサム・ウィリアムズさん(36)の妻で、アメリカ出身のケイティーさん(35)と息子のフィン君(3)が大きなキリンに襲われたのだ。

現場は自宅からわずか150メートルのところで、親子を襲ったキリンは生後2か月の赤ちゃんを連れた母キリンであった。目の前にケイティーさんとフィン君がいきなり現れたことに危険を感じ、母キリンが攻撃態勢に入ったものと考えられる。ジョギングから戻ったサムさんが2人が襲われている姿を目撃、キリンを追い払い通報した。



ケイティーさんとフィン君は地元の病院で応急処置を受けたが、さらなる治療が必要との判断により、救急ヘリで「ブサメド・モデルフォンテン病院(Busamed Modderfontein Hospital)」へと輸送された。懸命な治療を経てなんとか容態は安定してきたが、依然として深刻な状況にあるという。

参照および画像引用:『BBC』Woman and son critically injured in giraffe attack (Image:Family Handout)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>50年後に図書館に返却された本 表紙には「ごめんなさい!」
<米>逆さ吊りでわが子の頭を便器に突っ込もうとする鬼母のFB動画が拡散。なぜ不起訴処分に…!?
爪を噛むクセから悪性黒色腫(メラノーマ)に! 豪・女子学生は親指を切断
キム・カーダシアンのメイク担当者も「ナイス!」 メーガン妃のメイクの素晴らしさとは? 
ジャレッド・レトが超イケメン でも役作りとあらば激太りも激ヤセも! 


この記事をシェアする