<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~リスニングが苦手な人に効果的な勉強法はコレ!  

この記事をシェアする
日本の人にもとっておきの学習法とは?(Photo by Austin)
日本の人にもとっておきの学習法とは?(Photo by Austin)

Hi, みんな。元気かな? 僕はちょっとバテ気味。引越しをしたりもあって、とにかくこの夏の暑さは随分こたえちゃったな。でも朝や夜はずいぶん涼しくなって良い感じ。勉強するには秋は最高の季節だよね。とはいえ僕は社会人。仕事の後は、大好きな音楽を聴いてリラックスすることが多いんだ。



そんな僕が好きなバンドのひとつが、ちょっと古いバンドだけど英国の「デフ・レパード」なんだ。ずっと昔から活躍しているんだけど、この『Hysteria』って曲は今聴いても全然「古臭い」って感じがしない。その“歌詞つき”ビデオを動画サイトで見つけて、ぜひ皆さんに見て、そして聴いてもらいたいなと思ったんだ。

(動画:『YouTube』Def Leppard – Hysteria (Official Lyric Video)

英国のバンドだけど、この曲での発音は独特のブリティッシュ・イングリッシュじゃない。だから当然、僕達アメリカ人には歌詞は読まなくても理解できるんだ。でも日本にいるほとんどの人は日本語だけを話すんだよね? それでいて洋楽ファンの数はすごく多いって聞いたんだ。なら、こういう歌詞付き、つまりwith lyricsとかLyric Videoの表示があるビデオを活用してみるのはどう? 音楽を聴くだけじゃなくてスペルをきちんと確認してみて。そして知らない単語はきちんと調べて、そのままにせずに学習のポイントにしたら良いんじゃないかな。そして全部の単語とその意味が頭に入ったら、ぜひ一緒に歌ってみてほしい。

さてこの曲は恋についてのもの。僕が好きなのは、こんな部分だね。

I gotta know tonight
If you’re alone tonight
Can’t stop this feeling
Can’t stop this fire

【出典:Def Leppard 『Hysteria』】

「君が今晩ひとりなのか知らなくちゃ。この気持ちは止められない。この炎は止めようがない」って部分。gottaは「have got to」の省略形で、意味は「have to(~しないといけない)」。僕はよく電話の締めに「I gotta go. I’ll call you again soon.(行かなきゃ。またすぐ電話するね。)」なんて感じで使っているよ。

さあ今日は息抜きに音楽でも楽しみながら、リラックス! ついでに英語もほんのちょっと勉強になったなら嬉しいな。

(Austin/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手の気持ちに寄り添いたい~優しい言葉 in English
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手を褒めよう~ファッション編~優しい言葉 in English
<「これが知りたかった!」英語表現> 友達と食事へ! レストランでは店員とのやり取りも…
<「これが知りたかった!」英語表現> ファーストフード店で注文してみよう!
<「これが知りたかった!」英語表現> Hi from California! 今日から目指そう、英語の達人!