<英>28歳母親が自宅で自殺 食パンをむさぼり続けた3歳娘は数日後に保護

この記事をシェアする
3歳娘がいながら自宅で28歳母親が自殺
3歳娘がいながら自宅で28歳母親が自殺

英ウェールズのポート・タルボットという町で今年4月7日、一男一女の母親が自宅で首吊り遺体となって発見された事件。幼い息子はブリジェンドに暮らす父親の元にいたが、3歳の娘は母親の元におり、その死後は自宅に残っていた食パンで飢えをしのいでいた事がわかっている。他殺の可能性も視野に死因審問が行われていたが、ついに事件性はなく本人の意思による自殺であったと断定されたもようだ。



死亡した女性はシングルマザーで当時28歳だったエイミー・ルイーズ・エヴァンズさん。自宅の寝室で首を吊っていたもので、娘が保護された時にその遺体は死後3~4日間が経っていた。遺体には外傷や他殺を疑うべき点などは発見されず、検死結果をふまえ、このほど死因審問はエイミーさんは飲酒後に自殺したとの結論に至った。また母親のジュリーさんはその数日前に「もう死にたい。娘を引き取りに来て」などというメッセージを受け取り、娘のことを大変心配していたと警察に話していた。

ここで注目されるのは、エイミーさんが自死を思い立った動機である。母ジュリーさんが「娘はとても明るくて社交的。うつ症状なども感じられない」と話している一方で、本人が過去に複数の男性よりDVを受けていたこと、またオンとオフを繰りかえしていたある男性のFacebookをひんぱんにチェックしていたことも判明しており、そうした男性らとの不安定な関係がエイミーさんを苦しめていた可能性は高い。遺族も友人も異口同音に「悩みがあれば話してほしかった。親身に相談に乗るつもりだったのに」と話し、肩を落としている。



参照および画像引用:『BBC』Girl, 3, lived on bread and butter after Port Talbot mum’s suicide (Image:MEDIA WALES)

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<独>あなたは賛成? 夕方5時以降14歳未満の子「お断り」を決めたレストラン
ボツワナで象牙密猟 ゾウ87頭の死骸が発見される
トランプ氏、大統領選出馬をインスパイアしたのはあの人気歌手へのライバル心? 
死因は「深酒での入浴事故」だった 1月に急逝「クランベリーズ」のドロレス・オリオーダン
『ディープ・インパクト(原題:Deep Impact) 』に号泣 「彗星と地球」衝突の運命に立ち向かう闘いと愛の物語