セレーナ・ゴメス温かい友情、薬物依存のデミ・ロヴァートに手を差し伸べていることを告白

この記事をシェアする
度々一緒にふざけあった仲だというデミとセレーナ
度々一緒にふざけあった仲だというデミとセレーナ

自分自身の体調管理も大事であろうセレーナ・ゴメスが、長年の友人デミ・ロヴァートのことをそれは気にかけているもようだ。多感な思春期を共に過ごした間柄、デミとセレーナの友情は厚い。しかしそれぞれにプライベートでは異なる友人関係を築いており、仕事も多忙であるためなかなか一緒に戯れている様子もなかった。そんななか、7月24日に薬物の過剰摂取により自宅で倒れてしまったデミ。緊急入院のニュースにはセレーナもじっとしていられなかったようだ。



セレーナがこのたび米国版『ELLE』10月号の特集インタビューで、友人デミへの気持ちを語った。疎遠になっていたとも伝えられた彼女は、連絡を受けてすぐにデミにコンタクトを取ったという。SNSにメッセージを投稿することも可能であったが、そういうやり方は乗り気がしなかったもようだ。その理由を、デミのことがとても好きだと語るセレーナ。「個人的にちょっと手を差し伸べてみたの。だって7歳の時に友達になった間柄だもの」と語るも、デミとのやりとりについて多くは語りたがらなかった。

セレーナが腎臓移植の手術を受けた昨年、すぐにセレーナに連絡をくれたというデミ。健康を気遣い、励ま合える長年の友人はやっぱり有難いもの。とてもうれしかったに違いない。今度はセレーナに励まされ、現在デミは各種依存症克服のためのリハビリ施設で頑張っている。



参照:『Us』Selena Gomez Says She ‘Reached Out Personally’ to Demi Lovato After Overdose 

画像:『instagram』ddlovato

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
デミ・ロヴァートの妹が心境を吐露「お姉ちゃんが死ななくて良かった」
セレーナ・ゴメス、苦い恋を経て前向き「恋人を作る前にすべき事があるの」
<セレブ★激似でSHOW>セレーナ・ゴメスにソックリな美女にファン騒然 「双子? 」
俳優ベン・アフレック アルコール依存から立ち直れぬ背景とは? 
ポール・マッカートニー、危険すぎたドラッグ使用で「神を見た!」 ジャスティンは「神の声を聞いた」発言も