英ヘンリー王子&メーガン妃、ペットのワンちゃんに「Oz」と命名? 豪で豪邸購入検討か

この記事をシェアする
ヘンリー王子&メーガン妃、ワンちゃんの名前は「オズ」か。
ヘンリー王子&メーガン妃、ワンちゃんの名前は「オズ」か。

今年結婚した英ヘンリー王子とメーガン妃に、新しい仲間が加わった。新たな家族は可愛いワンちゃん(ブラックラブラドール)だといい、現在37歳のメーガン妃は王子との間に赤ちゃんも大変欲しがっているそうだ。犬がずっと前から大好きだったというメーガン妃を大喜びさせたことは間違いないが、愛妻をもっと喜ばせようと王子が“ある場所”で家探しをしているとの情報が飛び出し、その国の人々の歓迎ムードと期待は高まるばかりのようだ。



とても犬好きなメーガン妃のためであろう、可愛いワンちゃんをゲットしたヘンリー王子。その名前については複数の英王室関連の書籍を執筆してきた専門家(Sally Bedell Smithさん)が「Ozちゃんと名付けたようです」とコメントしたが、命名の理由については触れていない。またこのワンちゃんは夫妻と暮らす新居にすっかり落ち着いた様子で、これからはコッツウォルズの別邸と宮殿を行ったり来たりする生活になるようだ。

ちなみに「Oz」には「オーストラリア」という意味もあり、想像通り夫妻そろってオーストラリアを気に入っていることは間違いないもよう。オーストラリアで過ごす時間をより多くもうけたいということか、春には「現地で家探しをしている」という報道が英・豪両メディアを騒がせた。その家も王子から妃へのウェディングギフトのひとつだというから、富豪とはいえかなりの太っ腹である。

参照:『Celebretainment』Prince Harry and Meghan Markle name new puppy

画像:『Instagram』Kensington Palace

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃流メイク、極意は「好きなパーツを際立たせること」
メーガン妃ってどんな人? アメリカから英王室に嫁いだ妃の素顔
英王室の苦悩 言いたい放題のメーガン妃父を黙らせる方法を検討中か
故ダイアナが愛したヘンリー王子 生きていれば「メーガン妃を無条件で受け入れたでしょう」と元ボディーガード
故ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」