<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~日本人はこうやって英語学習を! おススメの習得方法はコレ! 

この記事をシェアする
いつかはアメリカで英語で話してみてくださいね!(Photo/エトセトラ)
いつかはアメリカで英語で話してみてくださいね!(Photo/エトセトラ)

「英語は苦手」「絶対に普通に話すレベルになんてなれない」 - そんな言葉は何百回も日本人から聞いてきました。でも、諦める必要なんて決してありません…と知っていただくべく、“番外編”として英語学習者に役立つ情報、また学習法の決め手を、何回かに分けてご紹介したいと思います。



「英語って難しいな。まず発音から聞き取れない。」
「子どもを英会話学校に通わせたのに、成績も上がらず英会話もマスターしなかったよ。」

そんな話を聞くたびに、「当たり前だろうな」とつい思ってしまいます。英語と日本語は、そもそも文法からずいぶん違う言語であること。また日本では日本語が話せれば問題ないため英語で話す機会も少ない(もしくは全く無い)のですから、例えば週に数時間「英語だけ」な環境に身を置いて過ごしても、挨拶や天気、当たり障りのないやりとり以上を、そう簡単に話せるようにはならないのです。



そこで日本・海外で教えた経験がある筆者から、今日はまず学習法をひとつ提案したいと思います。

■ 基本的な文法を学びましょう

日本人がよくするミスは、日本語をそのまま英語に変換しようとするために起きると言っても過言ではありません。そもそも言語が違うのですから、そっくりそのまま英語に言い換える事に無理があるのです。なので「英語を上手に話したい!」という人は、初歩に戻ることから始めてみてください。基本的な文法の違いを覚える事(文章の基礎となる語順のひとつは主語+動詞+目的語)から始めましょう。例えば「私は英語が好き」じゃなく「私は好きです、英語が」という順序になりますね。「そもそも“好きです”を意味するlikeが動詞ってどういうこと?」と聞かれますが、英語ではlikeもloveも動詞。そう覚えて実際に文章を作ってみましょう。そして頭の中で、どんどんパターンを増やしてみるのです。そのために新たな単語の習得も必要になりますが、最初は短く簡単な単語で大丈夫。この作業に慣れると、ずいぶん自信がつくようです。

例えばこんな感じに…
Austin: I like movies.(僕、映画が好きなんだ。)
Mika: I like movies, too.(私もよ。)
Austin: Oh, do you?(あ、そうなんだ?)【Oh, do you (like movies, too)?という省略形です。】
Mika: Yes. I like horror movies. How about you?(ええ。私、ホラー映画が好きなの。あなたは?)

How about you?は「あなたはどう?」という意味で、これもよく使う表現です。ぜひ覚えてみてくださいね。

日本人学習者の様子を見ると、とにかく質問にYesまたはNoで答える、しかし聞き取れなくても「What did you say?(何て言ったの?)」もしくはもっと簡単に「What?(何?)」と聞き返さない、それから相手が新たに話をふってくるのを待つ ― そんな傾向があるようですが、会話はまさにキャッチボール。質問をしたり受けたりしながら、まずは簡単な表現でやりとりしてみましょう。まずは正しく基本的な文法で - ペラペラとネイティブのように話せなくたって、ちっとも恥ずかしくありません。このコーナーでは沢山短めの表現をスタッフのAustinが紹介しますので、ぜひとも役に立ててくださいね。次回の番外編では、もっと楽しい英語の学習法、しかも英語の聞き取りに慣れる秘策をご紹介しますね。

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<「これが知りたかった!」英語表現> 暇な夜はTVや映画? 感想はこんな風に伝えよう
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手の気持ちに寄り添いたい~優しい言葉 in English
<「これが知りたかった!」英語表現> 「どこで食べようか?」-提案表現や返事はコレが便利!
<「これが知りたかった!」英語表現> 友達と食事へ! レストランでは店員とのやり取りも…
<「これが知りたかった!」英語表現> アメリカでもLet’s cook! 料理しながら英会話を楽しもう