<英>強い痛みを訴えるも医師の認識不足 犠牲でガン死した13歳少年

この記事をシェアする
医師の怠慢、誤診の犠牲になったセバスチャン君
医師の怠慢、誤診の犠牲になったセバスチャン君

ポーランドの出身で英グレーター・マンチェスターに暮らしていたセバスチャン・ノワック君(13)が体調不良を訴えたのは2015年の初夏であった。5月から2か月にわたりノース・マンチェスター総合病院を複数回訪れていたのだが、ロクな検査も受けられないまま、残念ながら悪性度の高いガンにより帰らぬ人となってしまった。イギリスの医療サービスである通称「NHS(英国民保健サービス)」には、改めて「無能な医師ばかり」「過重労働を強いているからこういうことになる」といった批判の声が相次いであがっているようだ。



初期症状はひどい胸の痛みで、そのうち食べ物も喉を通らなくなったセバスチャン君。診察した医師には、胸に何かボールのようなものがつかえている気がするなどと説明していたが、医師らはそれを喘息、あるいは成長期独特の痛みの感覚に支配されているのだろうと判断し、しっかりと検査することはなかった。

その次の診察では心拍数に異常があったが医師はやはり無視。7月の5回目の来院で初めてレントゲン検査が行われ、そこで初めて腫瘍が気管をふさいでいることを知るも、カルテには「異常なし」と記された。その帰宅後にセバスチャン君は倒れてしまう。心停止の状態で病院に搬送されたものの、幸いにもなんとか一命は取り留めた。続いてロイヤルマンチェスター子供病院にて詳しい検査を受けたところ、初めて悪性リンパ腫の「T細胞リンパ腫」と診断されたという。

辛い治療の甲斐もなく2015年10月に死亡したセバスチャン君。ノース・マンチェスター総合病院を複数回訪れていたのに、なぜその段階で息子に適切な検査が行われなかったのか、まったく納得がいかない両親の訴えにより、昨年10月からマンチェスター市役所で死因審問が始まった。だが検死官の下した結論は、極めて進行の早い悪性腫瘍に侵されたことが原因であり、医師らの判断ミスや診察の怠慢があったことは感じるが、それを死因と結びつけることは困難である、というものであった。ノース・マンチェスター総合病院のアントン・シニア医師が誤診を認めて遺族に謝罪したが、こうした忌々しい悲劇が起きなければ腰を上げないその体質をどうにかするべきである。詫びるよりも両親に可愛い息子の命を返してあげて欲しい。



参照および画像引用:『Manchester Evening News』Medics failed to diagnose teenager’s cancer in months before his death       

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>開業63年めの方向転換 ディズニーランドが一般来場者にも酒類提供へ
「U2」ボノ、ショーの途中で声が出なくなる やむを得ず切り上げ「すまん!」
<元外資系CAその世界を語る>Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手を褒めよう~ファッション編~優しい言葉 in English
<中国>母親はスマホに夢中 プールで1歳児が溺れ意識不明の重体に