<英>障がいで生活苦のシングルマザー涙 10歳息子カードでこっそりゲームアイテム17万円分購入

この記事をシェアする
ビデオゲームに夢中の息子、母親(写真左)のカードを好き放題使う
ビデオゲームに夢中の息子、母親(写真左)のクレカを好き放題使う

欧米で大流行のアクション・ビルディング・ゲーム『Fortnite(フォートナイト)』。ゲームのアイテムを購入したいがため、イギリスの10歳の少年は母親の目を盗んでバンクカードを使いこんでいたという。



最近になって、バンクカード請求額の異変に気づいたというのは英ウェールズ・ブリジェンドに暮らすシングルマザー、クレオ・ダッケットさん(46)。実はクレオさんは「ポリオ(急性灰白隨炎)」にかかり障がい者で、月に日本円にして約10万円の生活保護手当に頼って生きていた。一方で息子のジェイデン・リー君(10)はひたすらオンラインゲームに夢中であった。そんなある日、クレオさんはATMで口座残高が約1,200円弱しかないことに気づいたそうだ。

さらに赤字どころか約35,000円が借り越しとなっていることを知り、クレオさんは息子を追求。するとジェイデン君が母親のカードで衣装、武器、その他のアイテムをこっそりと購入していたことがわかった。1つは50~60ポンド程度でも、いつしかそれが1193.25ポンド(日本円で約17万円)に膨れ上がっていたそうだ。これは日本でも同じこと。意外にも多くの家庭が「うちの子に限って」と言いながら心配しているとも言われている。

次の生活保護手当が振り込まれるのは9月6日。ゲーム会社側に返金を求めて断られ、銀行に情状酌量を求めて断られ、クレオさんは途方に暮れている。SNSでもこの話題については炎上しているが、10歳というのはとてもビミョーな年齢であるもよう。「親のカードを好き放題使うことの善悪がわからないわけがないでしょう」あるいは、「ゲーム会社とか銀行を相手に責任放棄するのはダメ。10歳なのだから責任はすべて親のあなたにありますよ」といった厳しい声が並ぶ。ちなみに『Fortnite』は12歳未満の子供には不適切とされているという。



参照および画像引用:『Wales Online』Boy, 10, uses mum’s bank card to spend hundreds on Fortnite but didn’t realise it was ‘real money’

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マドンナ60歳に 変わらない超豪快な生き方が話題に!
<英>強い痛みを訴えるも医師の認識不足 犠牲でガン死した13歳少年
息子のために奔走した父の愛を見事に描いた映画『幸せのちから』(原題:The Pursuit of Happyness)
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その3 クメール料理と有名レストラン
超有名インスタグラム・モデルが殺人未遂で逃亡中 殴られたライバル美女は眼窩損傷