ソチ国際空港で旅客機が着陸失敗で炎に包まれる 乗客乗員170名が奇跡の脱出

この記事をシェアする
ソチ国際空港で旅客機が着陸失敗。この後炎に包まれる
ソチ国際空港で旅客機が着陸失敗。この後炎に包まれる

ロシアのソチ国際空港で現地時間の1日午前3時近く、UTエアー(本拠地はロシアのハンティ・マンシースク)のボーイング機が着陸後に火災を起こしたもよう。乗客乗員170名(乗客164、乗員6)が避難したが、うち乗客18名が負傷し、少なくとも4名が火傷などを負って病院に搬送されたことをTASS通信が報じている。



事故を起こしたのはモスクワから飛んできたボーイング737型機で、同機は滑走路からはみ出す形で川に突っ込んだ後、ほどなくして炎が上がった。「危機一髪という奇跡的な脱出を遂げた」と称賛するメディアも多いようだ。消火には1時間を要したという。

事故の衝撃で破損した翼に乗らなければならないなど乗客はパニックそのもので、安全と判断されて子供を投げ落とすという危険なシーンも。こうして乗客乗員は九死に一生を得たが、現場で救助にあたっていた人が心臓発作を起こして死亡したとも報じられている。

緊急脱出用のシュートがすぐに膨らまなかったこともあり、現在ロシアの国家間航空委員会などが事故の調査と原因究明にあたっている。悪天候のなかの着陸で、乗客らは同機がゴーアラウンドを何度も強いられていたことを証言している。



参照および画像引用:『MailOnline』Miracle escape as all six crew and 164 passengers flee blazing Boeing 737 after it crash lands in severe storm in Russia leaving trail of fire on runway

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<ギリシャ>スレスレ離陸の旅客機 近づいた12歳男児が爆風で10メートル飛ばされ重傷
8時間も叫び、機内を走り回った3歳児に乗客ぐったり ロングフライトの悪夢が動画で流出
<動画>すさまじい爆発 米男性ポケット内の電子タバコ爆発で太ももに大やけど
客室乗務員エアコン電源を入れ忘れる 乗客300名、45℃の機内に1時間<ロシア>
<ポーランド>教習車が踏切内で列車と衝突、18歳教習生が死亡 「教官はさっさと逃げ出した」と目撃者