<英>「孫に絵本を読んであげたい」61歳で初めて読み書きを学ぶ女性

この記事をシェアする
61歳で読み書きに挑戦するサンドラさん(写真左)
61歳で読み書きに挑戦するサンドラさん(写真左)

英グロスターシャー州に暮らすサンドラ・ウィリアムズさんは現在61歳。ある日「読み書きを覚えたい」と一念発起し、今は熱心に図書館っている。慈善団体「Read Easy」の女性ボランティアから読み書きを教わっている最中なのだ。なぜならサンドラさんは、長いこと読み書きという行為に困難を感じていたのだという。



幼い頃に読み書きができず、なんとか周囲のフォローにより学業は終えたが、日常生活においても何かと支障を感じていたサンドラさんは、20歳にして医師からディスレクシアと診断された。家庭を捨てて出て行った父親もディスレクシアで、64歳で読み書きを独学で習得したことを聞かされたサンドラさんは、自分も頑張らなければと思ったという。

しかし読み書きの要らない仕事しか見つからなかったサンドラさん。運転免許も持っており、パートナーのジョンさんと娘が何かと助けてくれているが、郵便局、役所、銀行などで重要な手続きの時にはいく度も困る思いをしたそうだ。

このたび彼女を「読み書きを覚えよう」と奮い立たせたのは、6人の孫たちであった。2歳の孫が特に絵本が好きで、読み聞かせしてあげたいという気持ちはサンドラさんの中で膨れ上がるばかりだったという。年齢とともに何かを新しく覚えることは難しくなるが、彼女はあくまでも前向きだ。孫に絵本を読んであげたいという大きな目的のため、サンドラさんは合格点が出るまで必ずや頑張るに違いない。



参照および画像引用:『GloucestershireLive』Labelled ‘thick’ for years, how this woman did the bravest thing and learned to read at 62 so she can tell her grandchildren stories (Image: Paul Wiltshire)

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「頭蓋骨と呼んでくれ」 身体改造に夢中のコロンビアの男、鼻と耳をそぎ落とす
アンジェリーナ・ジョリー、ブラピに逆襲? 泥沼騒動の最中、新弁護士を雇用か
<洋楽マニア>元アイドルから実力派へ ゼイン・マリクが世界をうならせた曲とは…
<命の輝き/Inspiring Stories> がんステージ3を克服した青年 苦悩を乗り越え執筆、実業家へ
ウミガメを虐待する漁師にネチズン炎上 中国の漁船で甲羅にまたがり「歩け!」