アンジェリーナ・ジョリー、ブラピに逆襲? 泥沼騒動の最中、新弁護士を雇用か

この記事をシェアする
映画での共演でも相性バッチリだったはずが…。
映画での共演でも相性バッチリだったはずが…。

長年‟夫婦同然”に暮らし、実子&養子、計6人にせがまれて2014年に結婚した「ブランジェリーナ」ことブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー。しかしブラッドと長男の喧嘩を見たアンジェリーナはあっさりブラッドに見切りをつけ、そのまま離婚を申請 - それでも最近では「親権協議の決着も近い」と噂されていたのだが…。



離婚申請の直後はブラッドに腹を立て、「いったいどうして」と泣くばかりのブラッドとは口もききたくないと全ての連絡・伝達を弁護士に任せていたアンジェリーナ。それでもこのところは「少々関係も改善か」と言われていた。だが子ども達の親権、そして養育費の面で折り合いはつかぬまま。アンジェリーナの憎しみは増すばかりで、深く愛していたはずのブラッドを「罰してやりたい」と願っているのだとか。今では「ブラッドは良い父じゃないの」と言い、「せめて子どもと過ごす時間の半分は彼に譲れば?」と提案されると、激怒するしまつだという。

そんな彼女が望んだのは、「ブラッド側と強気で闘う気満々」という意欲を見せ、すべてを彼女の要求通りに叶えてくれる新しい弁護士だったとのこと。そこでこれまでと違う弁護士を雇用したといい、しかもベテランを1名さらに加えたと海外メディアは伝えている。

ブラッドも以前は「子ども達の健全な成長を願えばこそ」と躾と教育には厳しかったというが、いったん仕事モードに入ると思うように子ども達に寄り添えないこともあったのだという。しかし彼自身もこれまでの育児を振り返り、反省点は積極的に改善するなど懸命な努力をしているのだ。だが子どもが絡むと女性は強い。親権・養育費なども含め、アンジェリーナ側はブラッドに妥協する態度をまだ見せてはいない。

画像:『Facebook』Mr.& Mrs. Smith

参照:『BLAST』Angelina Jolie Signs Off On Lawyer Switch As She Preps to Go After Brad Pitt

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アンジー&ブラピ 6人の子の親権でモメて離婚協議サッパリ進まず
すぐにバレちゃう自宅の住所 セレブだからこそ、あれこれ苦労している!
<セレブ★ビフォーアフター>痩せすぎもほうれい線の原因か、アンジェリーナ・ジョリー
ブラピ、アンジーの離婚申請から約2年で「もう10億円以上は支払った」
アンジェリーナ・ジョリー、ジョージ・クル-ニーの妻アマルさんに嫉妬?