ハグを積極的に取り入れるカウンセリングで大成功 豪・女性セラピスト

この記事をシェアする
ハグを取り入れるとセラピー効果にも良い変化が
ハグを取り入れるとセラピー効果にも良い変化が

優しく抱きしめてくれる人がいる、それだけで人の気持ちは落ち着くものである。緊張や、心配、不安、恐怖などで押しつぶされそうに感じられる時、励ましの言葉とともに誰かに抱きしめてもらえたら…と思うことがある。そこに目を付けたのがオーストラリアのゴールドコーストでセラピーとして働くジェシカ・オニールさん(35)であった。



3児の母でもあるジェシカさんは、セラピーにやってきたクライアントをとにかく抱きしめてあげる。題して“カドル・セラピー”だそうだ。20歳の時にマッサージセラピーを始めた彼女は、人に優しく触れることで相手の苦悩や痛みを和らげてあげることができ、そうされることで相手も頑なな心を開いてくれる、ということを知っていた。

カドル・セラピーというものに出会ったのは今から6年前。そしてカウンセリングのなかにそれを採り入れてみたのは今から半年前のことであった。クライアントの年齢は若者から高齢者まで幅広く、既婚・未婚や性別に偏りはない。心身に問題を抱えている人ばかりか、寂しさを訴える人にもうってつけだという。カウンセリング1時間の料金は日本円にして約6,700円で、ハグ付きだと約9,200円、さらにコーヒー付きで特に親しみを込めて抱きしめてあげるコースだと約12,500円になる。人を助けるやり甲斐のある仕事ゆえ、夫のジェイソンさん(34)も応援してくれているそうだ。

ジェシカさんは、特にネット依存症の人やIT関連に従事する人がリアルな癒しを求めているように感じると言う。母親が「大丈夫よ」といって抱きしめて安心させてくれた、そんな温かくて懐かしい日々が蘇る。現代人が失いつつある人と人との戯れや触れ合いがいかに大切なものであったか、誰もが再認識して帰っていくことであろう。

実はジェシカさんには「ハグでお金を取るってどうなの?」という批判的な意見も出ている。しかし、むしろ「お金を支払ってでも優しさや温もりが欲しい」と感じている現代人は増えるばかりである。そんなジェシカさんの推定年収は日本円にして約650万円。世相を反映して右肩上がりに違いない。

参照および画像引用:『The Sun』hug life Married mum-of-three rakes in £45,000-a-year cuddling total strangers… and swears her husband doesn’t mind (Image:CATERS NEWS AGENCY)

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アレサ・フランクリンの遺体 棺を開けた状態での公開にファンの悲しみ新たに
<動画>すさまじい爆発 米男性ポケット内の電子タバコ爆発で太ももに大やけど
<洋楽マニア>イントロがカッコよすぎる曲たち
オハイオ州から仰天写真 車の中にできた巨大モンスズメバチの巣!
ジェイソン・ステイサムの自信に女性達は惚れる 「神に感謝するぜ、禿げをな」