メラニア大統領夫人また苦笑を誘う 10cmピンヒールで植樹セレモニー

この記事をシェアする
力めば力むほどヒールは土の中に…。
力めば力むほどヒールは土の中に…。

そこはホワイトハウス。このほどその敷地内で植樹のセレモニーが行われたが、ファーストレディーは元モデルのプライドもあってか、あくまでも“よそ行きのスタイル”が大事…!?  トランプ大統領夫人のメラニアさんが、ちょっとしたことで苦笑を誘ってしまったようだ。



10cm、いや、12cmはあろうかというピンヒールの靴を履き、ホワイトハウスの南側にある庭にやってきたメラニア夫人。いかにも縁起良さそうなゴールドのシャベルと苗木を渡されると、故アイゼンハワー・故モンロー両首相の子孫とともに、ヨイショッと土を掘るなど園芸“らしき”作業を始めた。バレンチノ・ブランドの美しい花柄のスカートが美しく揺れるあたり、本当に華の在るファーストレディーである。

この一件はSNSで早速炎上してしまった。「ハイヒールを履いて園芸ですか。かかとが柔らかい土壌にズブッと沈むと腰を痛めますよ」というアドバイスから、「そういう靴を選ぶなんて、もっと空気を読めないものでしょうか」といった声がずらり。「このルブタンのピンヒールは700ドルもするのよ」「バレンチノのきれいなスカートだって4000ドル近くするんだから」という情報が出ると、「そのお金があれば、このあたりの子供たちの給食を全員分買えるでしょうに」などと批判ムードは一気に高まったようだ。

残念ながら、いいね!は1,400件ほどしか集まっていないもようだ。



参照:『NDTV』Melania Trump Mocked For Wearing 4-Inch Stilettos While Gardening

画像:『Instagram』#ceremonialtreeplanting

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>トランプ大統領オロオロ 小児病院訪問で「ぬりえ」に挑戦するも星条旗をきちんと描けず
米・国境警備隊員にも人情 中米から不法入国を試みてハチに襲われた少女に緊急治療
立ちションはここでとパリ市…街角に花壇一体型のおしゃれな「小便器」デビュー
男でも女でもない。「出生届」に“第三の性別”が加わったドイツ
ハグを積極的に取り入れるカウンセリングで大成功 豪・女性セラピスト