マライア・キャリー 元夫ニック・キャノンともうけた双子が「人生を照らす光」

この記事をシェアする
マライア、最愛の子ども達に癒される日々
マライア、最愛の子ども達に癒される日々

多くの人にディーヴァと叩かれつつも、愛情深く優しいママであることは間違いないアメリカの歌姫マライア・キャリー。子ども達のパパであるニック・キャノンとはすでに離婚しているが、育児ではよく協力し合ってこの可愛い子ども達をそれは大切に育てている。



双子への愛が大きいばかりに、「アタシ以上に懐くなんて許せない」と何度か乳母を解雇したこともあるマライア。そんな彼女がこのほど米『PEOPLE』に以下のように語った。

「ちょっとでも時間があれば、子ども達とお出かけするの。そして一緒に楽しいことをするわけ。」

「私達はニューヨーカーよ。でもしばらくは子ども達とロサンゼルスでの暮らしを続けているの。だから裏庭で遊んだり、プールに入ったりするのよ。」

ちなみにマライアがニックともうけた双子も、すでに7歳。しかも男女の双子とあって、“常にベッタリ”という関係は変化しつつあるそうだ。

「そうなの。互いの事が大好きで親友のような関係だわ。でも別々の行動もとるようになってきたの。大抵の時間は一緒だけれどね。」

「一生、あんな関係を維持してくれたらなって思うの。あんなに素晴らしい絆はないもの。ふたりは私の人生を明るく照らしてくれる光という存在よ。アメイジングな子ども達なの。」

「双子の育児はそれは大変だ」ともらしたこともあるマライアだが、ふたりは「何よりも誰よりも大事な存在」と断言する。以前は豪出身の大富豪と婚約し、短い期間ではあるが彼との結婚を真剣に考えていたマライア。だがその時でさえ「もう子どもはつくらないの」「だって双子が嫉妬してしまうもの」と発言 - 何よりも子ども達の心境を思いやるマライアのそんな言葉にも注目が集まっていた。

画像:『Instagram』Mariah Carey

参照:『Celebretainment』Mariah Carey: My twins light up my life

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャッキー・チェン 日本人主婦に友人と間違われ神対応
ペリー・エドワーズ(25)のスッピン 無数のソバカスにファン仰天も「可愛い!」の声
ビヨンセ、夫Jay-Zとのショーの締めにファンがステージ乱入で大騒動
セレブはこんなスイーツに夢中! 「太っても良いから」と食べているのは…? 
女優ブレイク・ライブリーはゴージャスな指輪が大好き インスタグラムに女性ファン釘付け