<中国>「人の命を救いたい!」事故現場の花嫁、挙式も忘れて人命救助へ

この記事をシェアする
挙式のことなどすっかり忘れてしまっていた看護師
挙式のことなどすっかり忘れてしまっていた看護師

今日は自分の人生最大の晴れ舞台。最高に美しいウェディングドレス、ヘアも完璧にセットしてもらった。そして式場へ向かった花嫁のシェ・ダンさんは、道中で交通事故現場に遭遇してしまった。自分のことなどすっかり忘れ、彼女は車から飛び出すとはねられて意識を失ってしまった女性の体に駆け付けた。残念ながらはねられた女性は頭部を強く打って病院で死亡が確認されたが、私的な感情をすべて捨てて人命救助に力を注いだこの花嫁さんに遺族は深く感謝しているに違いない。



事故がおきたのは8月18日、場所は中国・遼寧省南部の大連にある瓦房店市の道路であった。自転車に乗っていた70代の女性が車にはねられて道路に体を打ち付け、意識を失ってしまった。これを見た花嫁さんはすぐさま女性に駆け寄ると心肺蘇生法を施した。救急車の到着まで待てない。一刻を争う事態であることをよく知っていたのは、それもそのはず。彼女は地元の「瓦房店市姚喜俊中医診所」の看護師であったのだ。

救急車の到着まで放っておいてはだめなのよ!
救急車の到着まで放っておいてはだめなのうよ!

そんなシェさんの姿はネット上ですぐさま拡散。心も美しい花嫁として話題になったが、メディアが勤務先の病院を尋ねても、シェさんは「何も特別なことなどしていません。人命救助は私にとっては義務なのです」と言うばかりだったという。ウェディングドレスは地面のゴミを拾い所々が汚れてしまった。髪も乱れてしまったに違いない。でもそんなシェさんこそが美しいとして、SNSでは「どうか幸せになっていただきたい」「心よりおめでとう!」といった祝福の言葉が多数寄せられているようだ。



参照および画像引用:『Mail Online』Touching moment bride performs CPR on an injured pensioner while still wearing her wedding dress(Credit:Xinhua/Weibo)

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>トランプ大統領オロオロ 小児病院訪問で「ぬりえ」に挑戦するも星条旗をきちんと描けず
「イライラした」と運転手 密閉のスクールバスをわざと高温にして児童が体調不良に
<中国>少年、上りエスカレーターから身を乗り出して上階の床に頭をはさまれる
<印>「僕が悪かったよ~!」男、激怒の恋人のため町じゅうに謝罪メッセージを掲示
<英>最年少のアルツハイマー病患者はたった2歳 「小児性認知症」のレジー・グリフィス君


この記事をシェアする