<ポーランド>教習車が踏切内で列車と衝突、18歳教習生が死亡 「教官はさっさと逃げ出した」と目撃者

この記事をシェアする
列車と衝突して大破した教習車
列車と衝突して大破した教習車

ポーランドの18歳の女の子が、車ごと列車と衝突という大変むごたらしい形で大切な命を落としてしまった。自動車運転免許の取得のため、路上教習がおこなわれていた中の惨事であるという。



ポーランド南部の町ザスカレに暮らしていたアンジェリカさん(仮名=18)はその日、真っ赤な教習車に乗り、62歳の教官と共にノヴィ・タルクとザコパネを行ったり来たりする路上試験に出ていた。ところが彼女がハンドルを握る車は踏切の中で動けなくなり、不運にもそこに列車が突っ込んだ。

目撃者のラファル・クワークさんはメディアの取材に応じ、「教官は車の近くに立っているだけで、何もしなかったんですよ」と強い憤りをぶつけている。事故直後はまだ呼吸をしていたアンジェリカさんだが、頭部ほかから大量に血が流れており、意識レベルはどんどん下がってついには反応がなくなったというのだ。

もう一人の目撃者は匿名で取材に応じ、「電車が警笛を鳴らしたのに、それは遅すぎましたね。踏切内で止まってしまった車を女の子は何とか発進させようと最後まで頑張ったのです。やっとのことで車が動き始めたところに列車が突っ込んで…。あと50cm進んでいたら難を逃れることができたでしょうに」とアンジェリカさんに同情を寄せる。こちらも「先に降りちゃってつっ立ってるだけでしたよ」と教官に対してひどく怒っている様子だ。



その後アンジェリカさんは搬送先であるノヴィ・タルクの病院で息を引き取った。教習車の内部はどこも血だらけで、「救急箱があれば何かできたのに、あいにく何も持っていなくて」と肩を落とすクワークさん。教官は彼らほどの人情と責任感を持ち合わせていたのだろうか。

参照および画像引用:『METRO』Learner driver killed when car stalls on level crossing as examiner jumps out(Picture: CEN)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ダイアナ妃の衝撃事故死から21年~「英国のバラ」が多くの人々に愛された理由~
<米>営業終了後の携帯ショップに「対応しろ」 激怒の男、店舗正面から車で突っ込む
<オーストリア>ヒヒ~~ン!? 馬、無理やり電車に乗せられる 乗客らもうビックリ!
<ギリシャ>スレスレ離陸の旅客機 近づいた12歳男児が爆風で10メートル飛ばされ重傷
<動画>バイクに寝そべりハンドルは足で! 米・高速道路に超危険なハーレー野郎