<英>ひどい便秘で腸に穴が! 男性、あわや多臓器不全に

この記事をシェアする
便秘で腸がここまで膨れることがあるとは…!
便秘で腸がここまで膨れることがあるとは…!

イギリスで今年1月、腹部の不調を理由に病院にやってきた男性の腹部を検査した医師たちは、画像検査の結果に絶句してしまった。その検査、診断から治療結果までがオンライン症例レポート『BMJ Case Reports』に発表され、世界に波紋を広げている。



ロンドン在住、自閉症、24歳といった情報しか明らかにされていないその男性は、しつこい腹痛と下痢に悩んだ末の今年1月24日、ロンドンのニューハム大学病院に救急外来患者としてやってきた。

2014年から数回にわたり便秘を理由に診察を受けていたこの男性。直腸は肥大してS状結腸には大量の宿便が蓄積していることが判明し、慢性的な特発性巨大結腸症と巨大直腸という診断が下っていた。ところが浣腸や下剤の服用を拒んだところ2日後にひどい体調の異変に見舞われたという。彼の体は腹膜炎に感染して腎臓の機能不全や血液の酸性化が認められ、多臓器不全に向かいつつあった。



また、男性のS状結腸には驚くことにいくつもの穴が開いていた。幼い頃から少年期においても便秘や腹痛、腹部膨満感に苦しんでいたことから、管腔内圧の上昇が原因で腸壁には潰瘍ができたり穴が開きやすい状態にあったのではないかという。「宿便」とはたまに聞く言葉だが、これが蓄積すれば生命を脅かすことがあるとは驚くばかり。甘くみてはならないようだ。

参照および画像引用:『The Sun』FULL UP Man, 24, with ‘megarectum’ almost dies after his bowel filled with so much poo it BURST – causing his organs to shut down(Image:MBJ Case)

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<ギリシャ>スレスレ離陸の旅客機 近づいた12歳男児が爆風で10メートル飛ばされ重傷
<米>ココナッツオイル「食べるには毒。ラードより悪い」ハーバード大教授が主張
<英>最年少のアルツハイマー病患者はたった2歳 「小児性認知症」のレジー・グリフィス君
「患部を水に浸けたせいかも」と男性 サメに襲われ治療後に人食いバクテリアが侵入
世界にたった1人の奇妙な関節 かかとを前にして歩く米男性!