<中国>障がい者のフリをして他人の指定席に座る 厚かましすぎる男にネチズン大炎上

この記事をシェアする
障害者のフリをして女性の指定席に座り続けた男性
障害者のフリをして女性の指定席に座り続けた男性

他人が購入した指定席にどっかと座り、「そこ、私の席ですが」と声をかけられも動けないフリをして知らん顔をする ― 世の中にこんな図々しい、ずるい人間がいるとは…。中国の山東省で起きたある不快な出来事にネチズンが大炎上を見せているようだ。



8月21日、山東省済南市から北京行きの特急電車に乗った女性は、自分の切符が示す座席に1人の男が座っていることに気づいて彼に声をかけた。ところが男は知らん顔。移動するのが面倒くさいといった表情で、“障がい者のフリ”すらしてみせた。自分が座るべき座席はたった数列後ろ。そこに移ることは大した労力ではなかったのにである。

そのトラブルを知った車掌が駆けつけ、男に移動するよう説得したが、乗車時には乗ってもいなかったのに「車椅子」を要求し、「彼女が私の席に座ればよい、あるいは食堂車でも」と言い、てこでも動かない頑固さをみせた。その様子にもはや呆れる乗客たち。車掌の計らいで女性はビジネスクラスの席に導かれたという。

さらに電車が北京に到着すると、男は今度は「車椅子で降りたい」と言い出した。この呆れた我儘放題の言動を録画している者があったことから、その様子はSNSを通じてあっという間に拡散。ネチズンは「2度とこんな人間を客として乗せる必要はない。ブラックリストに載せよ」などと痛烈に批判している。さらに顔や体の特徴からあっという間に個人情報が特定されてしまい、男はメディアを通じて女性に対して謝罪した。それも“反省しているフリ”であろうか。



参照および画像引用:『South China Morning Post』Chinese passenger suffers public shaming for ‘crime’ of taking someone else’s seat on a half-empty train

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「撮影の邪魔だ、どけ!」 ローマ・トレヴィの泉で観光客2グループが殴り合いの大喧嘩
屋外に保存していた卵ケースからヒヨコがぴょん! 異例の猛暑に苦しむ韓国ソウルで
<ポルトガル>限りなく漆黒の塗料“Vantablack” 「穴に見えなかった」60歳男性が転落
台湾で大人気の「パピー・アイスクリーム」が超かわいい!
「あっちゃちゃちゃちゃ~~っ!」 バースデーケーキにかぶりついた男児の髪にキャンドルの火が<チリ>