「青木ヶ原樹海」お騒がせYouTuber、ローガン・ポール腹筋見事にボクサー・デビュー!

この記事をシェアする
ヒールな雰囲気のローガン・ポール
ヒールな雰囲気のローガン・ポール

あの目立ちたがり屋のYouTuber、ローガン・ポールがなんとボクサーとして人々の前に戻ってきた。インターネットの世界を飛び出し、リアルなボディを皆さんに見て頂きたいという。彼は昨年の大みそか、日本の青木ヶ原樹海に潜入して自殺遺体をふざけながら撮影。その動画をYouTubeに投稿して世界中から非難が殺到し、今年1月には来日し、東京・築地市場で買ったサバと酢ダコを手に好き放題やらかして帰っていった。



そのローガン・ポールが、同じく人気YouTuberであるイギリスの“KSI”と英米のリングでボクシング対決へ。プランは半年ほど前に発表されていた。そしてローガンの最近のインスタグラムはボクサーとしての写真ばかりになり、ストイックなトレーニングのおかげで腹部は6パックどころか8パックほどに割れてきた。こうしてKSIとの最初のマッチがマンチェスターで今月25日に開催されたが、結果は引き分けに。「多分こうなると思っていた」と感想を話す人も多いようだ。

KSIと一緒にチャンピオンベルトを
KSIと一緒にチャンピオンベルトを

その後、試合を振り返ってまた写真をインスタグラムにアップしていたローガン。キャプションに「パンチを食らわす瞬間って、まるでウン●してるような感覚だったね」「KSIのギラギラしたスカート(トランクス)が羨ましかったぜ」などとあるあたり、実に彼らしい。ローガンは青木ヶ原樹海の動画騒動以来、いきなりアンチが増え、チャンネル登録削除や広告掲載の一時停止といった処分をくらっていた。それでもあらゆる形で目立つ方法を模索し続けるローガン ― あなたは彼の生き方に何を感じるであろうか。

画像:『Instagram』loganpaul

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)


【こちらの記事もどうぞ】
「撮影の邪魔だ、どけ!」 ローマ・トレヴィの泉で観光客2グループが殴り合いの大喧嘩
自殺願望は狂言 家族パリ旅行中に手紙を残して消えた米男子に当局も激怒 
モルモン教の勧誘に異変? 代表が「布教活動に“モルモン教”の名を使わないように」
メキシコ・グアダラハラ市で驚きの法改正 「人前で堂々とラブラブ」が合法に
<印>「僕が悪かったよ~!」男、激怒の恋人のため町じゅうに謝罪メッセージを掲示