俳優ベン・アフレック アルコール依存から立ち直れぬ背景とは? 

この記事をシェアする
ベン・アフレック、依存症克服に向け奮闘中
ベン・アフレック、依存症克服に向け奮闘中

なかなかアルコール依存から抜け出せず、自分でもどうしようもなくなっていたのだろうか。破局済みの妻ジェニファー・ガーナーの話についに耳を傾け、それに従う形でリハビリ施設に連れて行かれた人気俳優ベン・アフレック。破局したとはいえ彼とは3人の子をなしただけに、ジェニファーにも“それなりの情”があったのだろう。今回が初めてのリハビリ治療ではないベンについては、「やっと目が覚めたのではないか」という話もある。


ジェニファーとの結婚破綻が世間に明らかになった後、子ども達の美人ナニーと噂になったベン。さらにその後は人気番組のプロデューサー(Lindsay Shookus)と付き合い始め、関係を深めたものの彼女ともダメになったベンはずいぶん気落ちしていたという。

そんな中、子ども達3人を想ってであろうかジェニファーは荒れてしまっているベンに会い、治療を受けて出直すよう説得 - これに誰よりも自分の問題を自覚していたベンはあっさりと首を縦に振り、そのまま施設に向かってリハビリ治療を受け始めた。

さて、そのベンにつき『Page Six』には業界関係者より以下のようなコメントが寄せられたという。



「いつだって仕事をしていない時期なんですよ、彼の薬物乱用がどうしようもないレベルになってしまうのは。映画撮影など仕事がある期間には、そうでもないんです。」

また友人達からも「薬物乱用、そしてアルコール依存こそが彼の問題であり、その状態は悪化したり良くなったりの繰り返しでした。ずいぶん長い間ね」という証言があったとのこと。しかし真面目で演技力も確かなだけに、今も「ベンを起用したい」という映画関係者は少なくないもよう。また本人も今は自分の生き方の改善について前向きである。“仕事オファーが激減”といった深刻な問題は今後もなんとか避けられそうだが、それはあくまでもリハビリ治療が功を奏した上でのこと。苦しい時ではあろうが、ベンにはどうか頑張っていただきたい。

参照:『Page Six』Insiders explain why Ben Affleck can’t kick his alcohol habit

画像:『Facebook』Gone Girl

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ベン・アフレック、リハビリ施設へ 「元妻の説得もあった」と米メディア
女優ニコール・キッドマンものすごい変貌 役作りでこんな外見に!
デヴィッド・ベッカムはフェンシングも! 人気セレブ達の意外な趣味とは?
クリッシー・テイゲン第2子もうこんなに大きく! 飛行機でシートベルトをガッチャン
歌手P!NKがショー中断で母を亡くしたファンをハグ 「どうか泣かないで、可愛い子」