オリビア・ニュートン=ジョンにまた気になる噂 がん闘病も悪化? 

この記事をシェアする
オリビア・ニュートン=ジョンに、体調悪化の噂…。
オリビア・ニュートン=ジョンに、体調悪化の噂…。

40代で乳がん宣告を受け、化学療法、部分的な乳房切除、そして再建手術を受け完治したはずだったオリビア・ニュートン=ジョン(69)。その闘病と辛い思いを経て「おかげさまで思いやりの心が芽生えたのです」と語っていたが、その後に「背中・腰が痛くどうにもならない」と病院に行き、克服したはずの乳がんの再発、さらには骨への転移まで明らかになったという。それでも完全復帰を目標に「大丈夫!」と強気のオリビアは、今回は化学療法を受けながら完治を目指すとのこと。あまりにも辛い痛みについては医療大麻などでコントロールしていると公表していた。


さて、そのオリビアが最近いくつかの仕事をキャンセルとしたことから、「まさかの病状悪化か」という噂が一気に浮上してしまい、代わりに代理人が以下のように発表した。

「自著のプロモーションツアーなどと時期が重なったため、オーストラリアで予定していたいくつかの仕事をキャンセルすることになりました。」

「病気(がん)のせいだとする報道は事実ではありません。」

ちなみに複数のメディアがやはり「病状悪化か」と報じ、「9月に70歳の誕生日を迎える。まずはその日を生きて迎えたいと本人は願っている」と伝えている。昨年11月には「大丈夫。もう痛くはないの」「医療大麻のおかげですいぶん苦痛が軽減した」などと話していたが、再発した時点では骨への転移のせいで「全く歩けない時期があった」というほど体の痛みが酷かったそうだ。「怖くないと言えば嘘になってしまうけれど、乗り越えてみせるわ」と気丈にふるまっているオリビア。出来る限り積極的な治療を受け、どうか再びの完治に向け闘っていただきたいと願うばかりである。


画像:『Instagram』Olivia Newton-john

参照:『Page Six』Olivia Newton-John addresses rumors she’s battling cancer again

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
デミ・ロヴァートの妹が心境を吐露「お姉ちゃんが死ななくて良かった」
女優ブレイク・ライブリーはゴージャスな指輪が大好き インスタグラムに女性ファン釘付け
<米>ココナッツオイル「食べるには毒。ラードより悪い」ハーバード大教授が主張
<英>最年少のアルツハイマー病患者はたった2歳 「小児性認知症」のレジー・グリフィス君
ケイティ・パイパーの顔に酸をぶちまけ溶かした鬼畜、来月に釈放も?