<洋楽マニア>ハードロック好きな洋楽ファンにはコレ! MR. BIG 『To Be With You』は切ない恋の名曲

この記事をシェアする
傷ついた女性に「僕が抱きしめてあげたい」(画像:YouTube『To Be With You』のサムネイル)
傷ついた女性に「僕が抱きしめてあげたい」(画像:YouTube『To Be With You』のサムネイル)

ハードロックが好きだと語る人の中には80年代以降に活躍したバンドを愛する人が多く、そういう多くのファンがMR. BIGをはじめとするハードロック界のレジェンダリーバンド、また最近のハードロックバンドまで実にたくさんのバンドの楽曲を聴いている。また「ハードロックというからにはハードなもの、むしろメタルに近い音楽が好きだ」と言う人と「ハードロックバンドの歌う‟心に染み入るハートフルな曲”が好き」という人がいるのも当然のことであるが、MR. BIGの『To Be With You』は特に後者に愛され、「ジャンルは何であれ好き」というファンも実に多い。


この曲は、心に傷を負った女の子に捧げるもの。「彼に何をされたの?」「君と一緒にいたいのはこの僕なんだ、心の底では君も同じ気持ちだといいけれど」「君を抱きしめる人にならせてほしい」 - そんな歌詞と美しいメロディーに、当時おそらく多くのファンが魅了されたはずだ。

ちなみに余談であるが同バンドのギタリスト、ポール・ギルバートはとても優しい人である。大病を患っていた筆者のある友人がポールの大ファンで、何度か元気な頃に「大ファンなんです」とメッセージを送付したところ、大変親切な返事が何度も届いたのである。体調につき説明してあった友人への返事には、メッセージに対する感謝の言葉と「頑張れよ」という励ましの言葉がズラリ。色々な曲を聴くたびに様々な思い出が蘇るものだが、この曲は筆者の友人の満面の笑顔を思い出させてくれる、とても大切な曲でもある。


さてハードロックバンドの多くだが、実力派シンガーをフロントマンとしているゆえ「グッとくるバラード」でも高く評価されることは実に多い。こちらで以前紹介した「Buckcherry」の『Sorry』も然りで、そちらは不器用で恋人を傷つけては苦しむ男の謝罪の曲として、やはり多くの人々に支持された。どちらもぜひ一度じっくり聴いていただきたい名曲である。

動画:『YouTube』Mr. Big – To Be With You (MV)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>ハードロック好きな洋楽ファンにはコレ! パドル・オブ・マッド「We Don’t Have to Look Back Now」
<洋楽マニア>ハードロック好きにはコレ! シック・パピーズ『You’re Going Down』にパワーを貰え
<洋楽マニア>ハードロック好きにはコレ! バックチェリーの名曲『Sorry』
<洋楽マニア>思いきり泣きたい日に コールドプレイ『O』は心を揺さぶるファン絶賛の名曲
<洋楽マニア>ハードロック好きにはコレ! 受験勉強にも役立つMy Darkest Days『Perfect』