<印>「僕が悪かったよ~!」男、激怒の恋人のため町じゅうに謝罪メッセージを掲示

この記事をシェアする
男性、恋人への謝罪をあちこちに掲示
男性、恋人への謝罪をあちこちに掲示

恋人と喧嘩し、ひどく怒らせてしまい、どうしても謝りたかったというインドの25歳の男性。もう会ってくれないかもしれない、電話にも出てくれないかもしれない ― そこで彼は予想だにしない方法で謝罪することにした。


今月17日朝、マハーラーシュトラ州プネー郊外となるピンプル・ソーダガーの住民たちはとにかく驚いたという。赤いハートが描かれた掲示板には「SHIVDE, I AM SORRY!!」という言葉がある。これらに加え大量のバナーも用意したのはニーレシュ・ケーデカールさんという25歳の男性で、シヴデさんは彼と交際中のガールフレンド。わざわざ72,000ルピー(日本円にして約11万円)をかけて数百枚も用意したというから、彼女のことがよほど好きだったのであろう。


しかし、素敵な彼氏だわ!と女性たちが感動する一方で、町の役人からは外観がひどく損なわれたとして警察に被害届が出されてしまった。罰金刑をくらう可能性が高いという。これで恋人のシヴデさんの気持ちを取り戻すこともできなかったら、ニーレシュさんはとんだ大損と徒労に泣くしかなさそうだ。撮影されたこうした写真はSNS、メディアのニュースで世界に拡散中である。

参照:『ZEENEWS』Pune: Lovestruck romeo puts up 300 ‘I am sorry’ hoardings for girlfriend

画像:『DNA India』In Pune, lovestruck man puts up 300 hoardings to say ‘sorry’ to girlfriend

(えと みちる/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
外し忘れた28年前のコンタクトレンズがまぶたの裏側に! イギリスの42歳女性
「必死に働いて買ってくれた」亡き母に真っ先に報告 少年時代に盗まれたサーフボード40年ぶりに豪男性の元へ
「あっちゃちゃちゃちゃ~~っ!」 バースデーケーキにかぶりついた男児の髪にキャンドルの火が<チリ>
「撮影の邪魔だ、どけ!」 ローマ・トレヴィの泉で観光客2グループが殴り合いの大喧嘩
客室乗務員エアコン電源を入れ忘れる 乗客300名、45℃の機内に1時間<ロシア>