デミ・ロヴァートの妹が心境を吐露「お姉ちゃんが死ななくて良かった」

この記事をシェアする
デミ・ロヴァート26歳に。「最悪な日にならなくて良かった」と妹が安堵。
デミ・ロヴァート26歳に。「最悪な日にならなくて良かった」と妹が安堵。

8月20日、26歳の誕生日を迎えた歌手デミ・ロヴァート。今年の誕生日を彼女が無事に迎えられたことに、家族はこれまでになく感謝の気持ちを抱いているようだ。


デミ・ロヴァートが薬物を過剰摂取 - その結果、意識不明となり病院に救急搬送されたのは7月のことである。幸運なことにデミの容態は安定し最悪な事態は免れたものの、彼女を支える家族はデミの死をも恐れていたもよう。このほどデミにとっては異父妹にあたるマディソン・デ・ラ・ガーザ(16)が、幼い日に撮影したのであろうデミとの2ショットをインスタグラムにアップ。びっしりと書き込んだメッセージの一部に、以下のような言葉も含めている。

「人生で最悪の日になることもありえたの。なのに神様、素晴らしい医師団、デミの関係者達、そして応援してくださった世界中の人達のおかげで、今日という日を過ごすことができます。こういう人達がいてくれなければ、もうお姉ちゃんはいなかったでしょうね。」

またマディソンにとってデミは「フツーのお姉ちゃん」であり、メディアにアレコレ書きたてられているようなセレブではないとし「お姉ちゃんに誕生日おめでとうと言える事に感謝しています」とも綴っている。


ちなみにデミが精神的なバランスを崩したのはずいぶん幼い頃で、死にたいと感じることが幼少期からすでにしばしばあったとのこと。自傷癖、摂食障害、双極性障害、さらに薬物などへの依存と問題は山積みだったというが、それでも必死に頑張ってきたのである。今回の一件で目が覚めたというデミも「これは時間が解決するような問題ではない」と自覚。再びの更生に向け、前向きに治療を受けているとみられている。

画像:『Instagram』Madison De La Garza

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ペリー・エドワーズ(25)のスッピン 無数のソバカスにファン仰天も「可愛い!」の声
ジャッキー・チェン 日本人主婦に友人と間違われ神対応
アリアナ・グランデの婚約者 “王子様風プロポーズ”は無しで超カジュアルに! 
女優ブレイク・ライブリーはゴージャスな指輪が大好き インスタグラムに女性ファン釘付け
俳優アレック・ボールドウィン、娘のセクシーショットに「イカン! 」