アリアナ・グランデの婚約者 “王子様風プロポーズ”は無しで超カジュアルに! 

この記事をシェアする
アリアナ・グランデ「以前は結婚なんてフンって気分だったの」
アリアナ・グランデ「以前は結婚なんてフンって気分だったの」

欧米の女の子の憧れ・夢のひとつといえば、愛する男性からの超ロマンチックなプロポーズの瞬間の訪れであろう。恋する男性が突然跪き、永遠の愛の証であるダイヤの指輪がおさまった箱を開けて差し出し「Will you marry me?(僕と結婚してくれますか?)」 - そんな日がいつか来ると信じてオシャレにダイエットにと精を出す女性も多いのだが、アリアナ・グランデ(25)とピート・デヴィッドソン(24)の婚約は、そんな“こじゃれたもの”ではなかったという。


今年5月に交際が発覚したお相手アリアナ・グランデに、翌月には求婚し婚約を成立させた「サタデー・ナイト・ライブ」の人気者ピート・デヴィッドソン。しかしその求婚法はアリアナ曰く「超カジュアルだった」とのこと。このほど『Zach Sang Show』のインタビューに応じたアリアナは、こう暴露している。

「ピートは跪くこともなかったわ。あー、良かった。そんなことされたら、超おセンチじゃんって感じになってたと思うのよね。」

そもそもアリアナはピートに出会うまで結婚そのものに興味がなかったといい、このようにも付け加えている。

「私って、あんまり伝統とかにこだわらない人間なのよ。だから自分が結婚することになるなんて、思ってもみなかったわ。結婚したいと思ったことすらなかったのよ。」

「そんなのクソくらえって感じだったの。意味ないじゃんって。だってマジ、結婚する意味って何? でもようやく自分にピッタリの人を見つけて、その意味が分かったわ。」


なおインスタグラムにアリアナがアップしたこの写真には「my baaaaaby loves me(私のベイビーは私を愛してるの)」というキャプションも。今が一番幸せ - そんな様子がよく伝わってくる熱愛写真である。しかし人の心は意外にコロコロ変わるものらしく、熱愛の末に結婚したはずのジョニー・デップとアンバー・ハード、またブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの結婚生活も、結局は破綻という形に終わっている。恋愛と結婚とは別物とはよくいうが、若い二人がそれを知るのはまだ少し先であろうか。現実を知ってなお愛情が深まるよう、世界中の大勢のファンがふたりの幸せを願っている。

画像:『Instagram』Ariana Grande

参照:『Female First』Pete Davidson’s casual proposal(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アリアナ・グランデの元彼軍団に激震? 「今の婚約者とは、2年前から結婚したかった」
アリアナ・グランデの魅力にイチコロ 婚約者「会ってすぐ嫁にもらいたくなった」
<セレブ★ビフォーアフター>メイク法を変えたのも勝因か、アリアナ・グランデ
アリアナ・グランデが噂を一蹴 「疲れたら抱っこして運んでもらう? なんてバカバカしい…」
アンバー・ハード、元夫ジョニデへの嫌がらせにベッドに脱糞? ペット“ブーちゃん”の仕業か