<英>12年後の大発見! 夫から贈られるも畑で紛失していた指輪、ニンジンから

この記事をシェアする
夫婦を笑顔にしてくれた奇跡のニンジン!
夫婦を笑顔にしてくれた奇跡のニンジン!

夫から贈られた大切な指輪を娘に譲ったものの、12年前に失くされてしまい、年月の経過とともにほとんど諦めていたという英サマセット州在住の女性。しかし指輪は彼女の手元に意外な形で戻ってきた。運んでくれたのは1本のニンジン。まさに奇跡であったようだ。


サマセット州トーントンに近いモンクトン・ヒースフィールドという町に暮らす69歳のリン・キーチ(Lin Keitch)さん。彼女が12年前に失くした大切な指輪とは、夫のデイブ・キーチさん(69)から40歳の誕生日にと贈られたもので、しかし小さくなったと感じて娘に譲っていたという。

そんななかである日、娘から「畑で失くしてしまった」と言われたリンさん。探し出すのは至難の業でリンさんは落ち込み、デイヴさんも畑に出るたび土をじーっと凝視していたが、見つけることができないまま12年が経過していた。


ところが予期せぬミラクルなハプニングがこのほどキーチ家の畑で起きた。夕食に使うニンジンを畑から収穫して洗ったところ、先端の方にその指輪がはまっていたのだ。土に触れ、水に触れ、越年で土台はすっかり黒ずんでしまっていたが、中央の美しいアメジスト石はすぐにその輝きを取り戻した。また娘に渡すかどうかは決めかねているというリンさん。サイズが合わないなら直してでも自身が身に着けておいた方がよさそうだ。

参照:『BBC News』Somerset lost gold ring found on carrot dug up for dinner

画像:『BBC News』Dave Keitch gave the gold ring to his wife Lin for her 40th birthday(LIN KEITCH)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
コロラドの大学、卒業証書に痛恨のスペルミス 発行済み9,200枚を再作成か
名付けて「ミュータント・ポテト」 重さ8kg、人の足そのまんまのジャガイモが話題に<ブラジル>
「必死に働いて買ってくれた」亡き母に真っ先に報告 少年時代に盗まれたサーフボード40年ぶりに豪男性の元へ
米スクール・カフェテリアで女ボスが5300万円横領 現金を単独で取り扱うこと15年
立ちションはここでとパリ市…街角に花壇一体型のおしゃれな「小便器」デビュー