<米>営業終了後の携帯ショップに「対応しろ」 激怒の男、店舗正面から車で突っ込む

この記事をシェアする
ガラスの壁がめちゃくちゃになった携帯ショップ
ガラスの壁がめちゃくちゃになった携帯ショップ

操作にうまく反応してくれない携帯電話に苛立ち、故障を疑い携帯電話ショップの店員に助けを求めた高齢の男。しかし営業時間はすでに終わっており、店員は対応してくれなかった。すると男はハンドルを握りしめ、ガラスで出来たショップの壁に車を突っ込ませた。怒りを理由に人はここまで激しい行動を取るものなのか…。


その器物損壊事件が起きたのは、ノースカロライナ州ローリーのショッピングセンター「North Hills Mall」にある、契約者数全米No.1の携帯電話ショップ「ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)」。16日夜、チャールズ・マイケル・ヘイガーという74歳の男が正面から店舗に車(VWジェッタ)で突っ込み、ガラスの壁は粉々になった。店には従業員がいたが幸い怪我人はいない。現在ショップは木の板が張られるなど休業を余儀なくされており、「ご迷惑をおかけします」のメッセージが貼られているという。

当局にこの事件について通報したのは目撃者で、当局には「男は営業が終了しているにもかかわらず、“自分の携帯電話がうまく作動しないから見てくれ、扉を開けろ”などとショップに対し要求していました。しかし店員が応じてくれないことから激怒し、店舗の扉を蹴り、ガラスを叩き割り、続いて車で店舗に突っ込んだのです」などと説明したもよう。また同ショップの両脇は人気のあるレストランで、夕食を楽しむ人々で賑わっていたという。


事件当時このショップにはまだ6名の従業員がいた。「助けてほしい」と顧客が言ってきたのも彼らの姿がガラスの壁越しに見えたからであろうか。携帯電話は非常に料金が高く、不具合などがあって利用できなければ大変困る誰にとっても重要なツールである。確かに営業時間外ではあるが、もう少し寛容に対応してあげてもよかったような気もする。「分からないことはカスタマーサポートセンターへ」と電話番号を教えようにも、それ以前の問題が起きている場合もあるのだ。

参照:『NBC4 Los Angeles』Man Angry Over Broken Phone Drives Into Phone Store: Police

画像:『WWAY-TV』A police statement says Charles Michael Hager was charged with assault with a deadly weapon among other charges. (Photo: WFMY/Wake City/County Bureau of Identification)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ミステリアスな毛深さ 見たこともない巨大な海洋生物の死骸がロシアの浜辺に
外し忘れた28年前のコンタクトレンズがまぶたの裏側に! イギリスの42歳女性
父親のヒザで赤ちゃんがハンドルを握り公道を走る動画 警察が動き出す<中国>
中国の動物園で「詐欺だ、金返せ」と騒動 トラの檻には大型犬
足首のわずかな傷から人食いバクテリアが 釣りの60歳男性、壊死で両腕切断