<洋楽マニア>バラードの魔術師その2 ピーボ・ブライソン 有名な曲がいくつも!

この記事をシェアする
セリーヌ・ディオンとは『美女と野獣』でデュエット!
セリーヌ・ディオンとは『美女と野獣』でデュエット!

筆者が細く長くハマッているのが“美メロR&B”です。歌唱力に優れた黒人男性歌手のバラード曲。その10曲に1曲は完全に悩殺系で、こんな曲が静かに流れる部屋で口説かれたら、女性はイチコロよ、と感じます。


美メロに徹したR&Bのバラード曲をとにかく大量に聴きたいという方、しかしグループではハーモニーが重厚すぎるとおっしゃる方に、筆者はAvant(アヴァーント)、Joe、エリック・ベネ、ベイビーフェイス、ピーボ・ブライソン、KEM、ルーサー・ヴァンドロスなどを強くおススメしたいと思っていますが、バラードの魔術師その2となる今回ご紹介するのはピーボ・ブライソンです。

彼は女性シンガーが競うようにしてコラボしたがる正統派の歌手で、歌唱力が抜群。有名曲のカバーを含め、多数の大ヒットを放ってきました。「誰もが一度は耳にしたことがある、あの曲を歌っている歌手」という表現がありますが、まさにピーボ・ブライソンのためにあるような言い回しだと思っています。


ロバータ・フラックとのデュエット曲で、彼女のピアノも聴けるライブ音源です。
動画:Djbetogilberto『YouTube』Roberta Flack And Peabo Bryson Tonight I Celebrate My Love HQ 1080p HD Upscale

映画『アラジン A Whole New World』のためレジーナ・ベルとデュエットしました。
動画:AWholeNewWorld4UnMe『YouTube』A Whole New World – Peabo Bryson and Regina Belle

セリーヌ・ディオンとは映画『美女と野獣』でデュエット。美しさに鳥肌が立つ一曲です。
動画:Matt Charles『YouTube』Celine Dion & Peabo Bryson – Beauty And The Beast (HQ Official Music Video)

次回もどうぞお楽しみに…。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ナタリー・コール&ナット・キング・コール『Unforgettable』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ジョージ・ベンソン『Turn Out The Lamplight』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ブライアン・カルバートソン ft. ハワード・ヒューイット『The Secret Garden』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 イリアーヌ・イリアス『Call Me』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ネイザン・イースト『I Can Let Go Now』