中国の動物園で「詐欺だ、金返せ」と騒動 トラの檻には大型犬

この記事をシェアする
見学者は「トラを見せろ!」
見学者は「トラを見せろ!」

シベリアンタイガーという札のある大きな檻にいるのは大きな犬。こんな姑息なやり方で見学者を騙せると思っているのか、と怒る大人たち。中国・河北省にある動物園で、見学者が「金を返せ」と騒ぐトラブルが起きているという。

トラのはずが犬。呆れるような飼育・展示を行っていたのは、河北省廊坊市の動物園「The Yuhe Zoo」で、白鳥の池で泳いでいるはずの白鳥はワニの池におり、犬はフクロウの檻に入れられ、シベリアンタイガーとある檻には大きな犬が。長耳のウサギの檻には普通のウサギがいるという。今月14日、これに怒った見学者“Schlieffen”さんが証拠の写真や動画を撮影して微博(Weibo)に事実を暴露すると、一気に炎上した。

パクリに異物混入、そして偽装 ― 自国のこうした情けない文化に対し、Schlieffenさんは「羊の頭を吊るして犬の肉を売るようなもの」と痛烈な批判する。しかしそこは個人経営のとても小規模な動物園で、今年初めには大型の動物の多くが次々とよそに転園となっていた。園側は「その後に札を変えるヒマがなかった。その代わり入場料が引き下げられた」として来場者への理解を求めている。

昨年12月、中国の別の動物園ではペンギンの檻にペンギンの人形を展示して見学者を激怒させていた。

参照:『Shanghaiist』『NDTV

画像:『NDTV』Screengrab from video uploaded on Weibo

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
名付けて「ミュータント・ポテト」 重さ8kg、人の足そのまんまのジャガイモが話題に<ブラジル>
曲芸20年間で疲労困憊 ウクライナのサーカス熊“マーシャ”やっと動物保護区へ
屋外に保存していた卵ケースからヒヨコがぴょん! 異例の猛暑に苦しむ韓国ソウルで
立ちションはここでとパリ市…街角に花壇一体型のおしゃれな「小便器」デビュー
ミステリアスな毛深さ 見たこともない巨大な海洋生物の死骸がロシアの浜辺に